コラム 【オレ流恋愛メソッド】男性目線で語る「アナタの彼氏の本気度」は?〜その2〜

今回の恋愛メソッドは「彼氏が本気かどうか」という女性からの疑問がことのほか多いことを受けて、男性目線で彼氏の本気度を表す言動を語っています。前半では、「デート代をいつも彼氏が出してくれる」や「高額なプレゼントをもらった」などの金銭的なことでは本気度は分からないと言うことを語りました。さらに、アナタに対して彼氏が弱音を吐いたり・弱味を見せたりした場合は、アナタへの本気度は高めと考えていいということも解説しました。後編では、このあたりを更に迫ってみたいと思います。~その1~はコチラ

将来の夢をアナタに語る

これもよく語られる定番ですね。彼氏には夢があり、将来的にはこういうことをしたい、こう生きたい、といったことをアナタに語ることで彼氏の本気度が垣間見えるというもの。しかし、筆者的にはこれほどアテにならないことはないと考えています。

まず、何よりも「言うだけならタダ」ということ。残念ながら口先だけの男は世の中にゴマンといます。彼氏にアナタを騙すつもりがなくても、なにかと大きいことを言いたい男って掃いて捨てるほどいます。男性としては、将来的にそうなれたらいいなという願望があることは間違いないのですが、実力や行動力が伴っていないため、成功とも失敗ともつなかい「不発」で終わってしまうこともしばしば。そんな壮大な夢をアナタに語ってしまうのは、やはり自分を大きく見せたいという気持ちが少しはあるのだと思います。よって、彼氏が将来の夢をアナタに語ったところで、本気度とはなにも関係ないということになります。

また、実力も行動力もある男性が割と現実味のある将来の展望を語った場合。例えば、「僕は海外で近代アートを学び、世界で活躍できるデザイナーになりたい」といって、ニューヨークへの留学を決めてきたとします。その彼氏のビジョンにアナタの存在は見えますか?

夢を叶えるために留学して苦難の道を行く彼氏のことを応援してあげたいのはやまやまですが、彼氏の夢のなかにアナタは関わっているかと言われると微妙です。

一口に留学といっても、アナタにも仕事があるためついていくわけには行きません。仮にアナタ全てをなげうって彼氏について行くにしても、売れないデザイナーの彼氏の収入では生活に困るのは目に見えています。では、日本と海外で遠距離恋愛を続け、彼氏が成功するまでは我慢する生活はどうでしょうか。よく考えて下さい。彼氏が選んだ道は「デザイナー」です。売れる保証なんてどこにもありませんし、売れるまで何年かかるか分からない状態でずっと待っているなんてなかなかできるものではありません。少なくとも、その彼氏は自分の夢に対しては本気かもしれませんが、アナタとの未来については本気ではないことが伺えます。

1 2