【婚活サバイバル】アラフォー婚活女も悩ましい、結婚しない娘は親不孝なのか!?~その2~

【婚活サバイバル】アラフォー婚活女も悩ましい、結婚しない娘は親不孝なのか!?~その2~

結婚することで幸せを得られるかもしれないし、子どもが幸せになることは親孝行のひとつであるとは思う。しかし、結婚しないことは親不孝なのか!?~その1~はコチラ

叶えてあげられそうもない、両親それぞれの夢

以前、父親が娘の旦那さんになる人と一緒にお酒を飲んでいろいろ話をするのが夢だと言っていた。一方、母親は、結婚後は娘夫婦に近くに住んでもらい、孫の面倒を見るのが夢なのだとか。「弟の結婚相手が孫を生んでくれるからそれでいいでしょう?」と言ったら、お嫁さんの子どもは、ハッキリ言ってよその子と同じで口出しも手出しもできない。自分の娘の子どもこそ、口出しも手出しもできる孫なのだと言う。両親には両親なりの夢があるようで、その夢は、私が結婚しない限り叶えられることはない。といっても、孫に関しては、いますぐ結婚したとしても、年齢的に叶えられるかどうかは怪しいけれど……。

「結婚!」と両親が言ってこなくなってから約10年。私は間もなく45歳……とうとう独身のままアラフィフの域に突入する。両親も70代になった。

70歳を越えてからの両親は、「結婚」という言葉を使いはしないものの、急に、私のことに干渉してくるようになった。弟が結婚して家庭を持ち、そちらの心配がだいぶなくなったのだろう。二分していた心配が、一極集中してきているのもあるだろう。それに加えて、人生の終わりが徐々に現実味が増してきて、自分たちが亡くなったあとの独身の身の私を心配しているのだろう。フリーのエディター・ライターで特定の企業に属しているわけでもない。結婚もしていない。私を“なんの保証もない人生”と位置づけ、あれこれと口を出してくるようになった。かつては“手のかからないイイ子”だった私は、いまや両親にとって“死ぬに死ねない不安要因”のお荷物になっているようだ。

父親はおそらく10年前の出来事を忘れてしまったのだろう。もしくは、“娘の結婚”にしびれを切らしてしまったのかもしれない。最近は、会うたびにあからさまに結婚をにおわす説教まがいなことを言うようになった。

「人間は家庭を持って、人を育ててこそ1人前になるんだ!」

「結婚もしていない人は、人間としてキチンとしていないと思われてしまうんだ!!」

「どこにも属していないということは、どこからも必要とされていないということだ。だれからも必要とされないって、寂しい人生だぞ!」

「なにごとも100%希望通りなんてことはないんだ。そういうことばかり言っているから、結婚相手も見つからないし、長く勤められる就職先も見つからないんだ!」

「親に心配をさせたまま死なせるなんて、いちばんの親不孝だ!!」

さすが昭和の男!自分の意見が“間違いなく正しい”とばかりに、本当に容赦ない(笑)。“普通の人生=幸せ”という固定概念のなかで生きている父親にとって、私は、“普通の人生”からドロップアウトしてしまった“ダメ人間”なのだ。

 

「どこにも属していない」という不安は、東日本大震災のときに実感済みだ。もし何かがあった場合、フリーで仕事をしている私はどこでなにをしているか誰も知る由がないし、職場の人が探してくれることもない。もし両親がすでに亡くなっていたら、私はどこでどうなっていても、探し出してもらうことはできないだろう……。

「もしかしたら、もう結婚できないかもしれない」という不安も、婚活をすればするほど実感している。努力をしているけれどどうにもならない……そういうフラストレーションは、自分のなかで常に爆発しそうだ。自分のなにがいけないのか?日々、そう自問自答して、自分の弱さに直面しては自分に自信を持てなくなり、どんどんネガティブになっている。

「結婚してほしい」「幸せになってほしい」という親心はわかってはいるけれど、自分の努力だけではどうにもならないことを延々と言われても……。

1 2
浮気事件簿 アラフォー 不倫 恋愛運 アプリ 時短 その1 結婚 婚活 iPhone 貧困女子 セカンド 恋愛講座 恋愛 アラサー 占い 美人探偵 運勢 金運 浮気
賢人人気ランキング
人気記事ランキング
Specialコンテンツ
Information
シャアしてね!
ABJマーク

ABJマークは、この電子書店・電子書籍配信サービスが、著作権者からコンテンツ使用許諾を得た正規版配信サービスであることを示す登録商標(登録番号 第6091713号)です。

ページトップへ▲
  • ABJマーク

    ABJマークは、この電子書店・電子書籍配信サービスが、著作権者からコンテンツ使用許諾を得た正規版配信サービスであることを示す登録商標(登録番号 第6091713号)です。