【婚活サバイバル】アラフィフ婚活女が聞いた、40代婚活男性が怯える女性とは?~その1~

【婚活サバイバル】アラフィフ婚活女が聞いた、40代婚活男性が怯える女性とは?~その1~

高収入男子を狙う婚活女性たち

40代半ばの建築関連会社を経営する男性。彼も経営者で高収入男子であるがゆえ、お金目当ての女性からのアプローチに悩まされている。

彼の場合、低身長、薄髪、小デブ、という見た目なのだが、親の会社を継いだ経営者であることや高収入というハイスペックのおかげで、婚活サイトではけっこうな“いいね!”を獲得している。とはいえ、女性が最初から年収を聞いてくる、会社の経営状況を聞いてくる、家の財産価値を聞いてくる、なんて日常茶飯事。彼の場合、優しく穏やかな性格ということもあり、お金目当ての強欲女子たちからたかられるだけたかられ、しばらくすると音信不通になる……という出会いを繰り返している。

ちなみに、プロを目指していたというほどのゴルフの腕をもつ彼。ゴルフを教えて欲しいという女性も多く近寄ってくるのだそうだが、結局それは、彼をフックに経営者同士のコミュニティーへのコネクションを視野に入れた口実。何人もの女性が、彼を踏み台にして、経営者の友人たちに取り入り、その友人たちも、たかられるだけたかられて、女性に去られているそうだ。「自分はいつも完全に踏み台!」と彼。

最近、彼のなかでは若くて美しい女性は間違いなく“タカリ”であると断定。本気で結婚を考えている同い年や少し年上の女性にターゲットを絞っているのだが、それでもやっぱり“タカリ”系にばかりつかまり、なかなかおつき合いまで至らないようで……。「僕の魅力はお金意外にないのだろうか……」と落ち込んで、女性との出会いに消極的になってしまっている。

ある程度仕事でがんばってきた女性のなかには、いまの生活レベルを下げたくないという気持ちがある人も多いだろう。私もそのひとり。とはいえ、そこまで収入や財産、いわゆる“お金”に固執したことはないけれど、そういう女性って、結構多いのね。

高収入男性はそこも一つの魅力ではあるけれど、彼らとてたかられてばかりじゃたまらない。

“たかり”以外にもまだある“危険”な女との遭遇エピソード……~その2~に続きます。

1 2

プロフィール

清葉 アキ子

1974年生まれ。大学卒業後、出版社に勤務。その後、独立して、ファッション誌の編集ライターに。子どものころから占いをすれば必ず26歳で結婚!と出ていたので何も考えず26歳まで生きていたけれど何も起きず、誤差もあるだろうと28歳くらいまで悠長に暮らしていたが、誤差ではないとようやく自覚。大好きな仕事で充実した毎日を過ごしているものの、仕事が大好きすぎて彼より仕事を選んでしまうことが恋愛敗北者になる原因のひとつ。仕事で数多くの恋愛企画、婚活企画を担当していることで、知識だけは豊富になる一方。基本的に真面目で考えすぎる傾向にあり、ノリや雰囲気にのまれにくいタイプ。

不倫 アプリ セカンド 恋愛講座 結婚 時短 恋愛運 アラフォー 浮気事件簿 占星学 占い 浮気 貧困女子 恋愛 金運 婚活 運勢 美人探偵 アラサー iPhone
賢人人気ランキング
人気記事ランキング
Specialコンテンツ
Information
シャアしてね!
ABJマーク

ABJマークは、この電子書店・電子書籍配信サービスが、著作権者からコンテンツ使用許諾を得た正規版配信サービスであることを示す登録商標(登録番号 第6091713号)です。

ページトップへ▲
  • ABJマーク

    ABJマークは、この電子書店・電子書籍配信サービスが、著作権者からコンテンツ使用許諾を得た正規版配信サービスであることを示す登録商標(登録番号 第6091713号)です。