【婚活サバイバル】アラフィフ婚活女は気づいてしまった、婚活姉妹の呪縛~その2~

【婚活サバイバル】アラフィフ婚活女は気づいてしまった、婚活姉妹の呪縛~その2~

以前、デスクを任されていたアラサー女子向けのファッション誌で、読者モデルでもあった37歳の女性が、先日、めでたく結婚した。その彼女、私の友人の元同僚の妹で、撮影以外でも何度かお会いしたことがある。長い黒髪とハッキリとした目鼻立ちを持つなかなかの美人でクールビューティー系。外国人にもウケそうなセクシーさも備わっている。~その1~はコチラ

姉妹だからこそ生じるジェラシー!?

妹ちゃんのお相手は、山手線内のおしゃれエリアに既に完済した高級マンションを持っているという、エンタメ系の会社を経営している57歳の初婚の男性。

そんな妹ちゃんの結婚に、お姉ちゃんの心中は穏やかじゃなさそう……。ちなみに、私は、お金持ちと結婚したがっている私の友人を介してその話を聞いているのだが、二人のなかで、真~っ黒い“もやもや”が大量発生し、妙齢婚活女子の心を真っ黒に染めている気がしてならない。

その深い深い闇に隠された真意とは!?

清葉アキ子総研的分析でいうと、彼女らの心の中を占めるのは、「お金持ちと結婚できてよかったね!」というお祝い感はおそらく1割以下!「うらやましい」という嫉妬の闇が2割程度。そして残り7割は、「いくらお金持ちでも、50代後半はナイナイ!」「見た目が微妙とか、絶対無理!」「そんなところで手を打ったんだ……」っていうところだろう。友人も妹ちゃんも、はっきりとした言葉にしては言わないけれど、言葉の端々に、なにか引っかかるものがあるもの!なにより、「よかったね!」という言葉のひとつも出てこなかったし!!

ただ、真意を口に出さないのが、彼女らの唯一守っているプライドなのかも?もし、心の8割を占める思いを言おうものなら、完全に“負け犬の遠吠え”になり、“イタイ女”確定となる。だから、まるでまったく動揺していないふりをしなくてはならず、「彼女と土俵が違うのよ!」という平然としたふりをしながらも、先を越された嫉妬心を隠しつつ、「自分はまわりから“いいわね~”“うらやましい”と素直に言ってもらえる男性とじゃないと結婚したくないわ」という対抗意識もひそかに燃やし始めているに違いない。

あぁ、仲よし姉妹でも、素直に喜べないなんて……。女性って、怖い、怖い!

1 2
占い 不倫 キャリア 貧困女子 婚活 アラサー 時短 恋愛 浮気事件簿 美人探偵 アラフォー 金運 運勢 アプリ 恋愛講座 浮気 結婚 恋愛運 セカンド その1
賢人人気ランキング
人気記事ランキング
Specialコンテンツ
Information
シャアしてね!
ABJマーク

ABJマークは、この電子書店・電子書籍配信サービスが、著作権者からコンテンツ使用許諾を得た正規版配信サービスであることを示す登録商標(登録番号 第6091713号)です。

ページトップへ▲
  • ABJマーク

    ABJマークは、この電子書店・電子書籍配信サービスが、著作権者からコンテンツ使用許諾を得た正規版配信サービスであることを示す登録商標(登録番号 第6091713号)です。