【婚活サバイバル】アラフィフ婚活女もびっくり!アラサー男子の結婚感とは?~その1~

【婚活サバイバル】アラフィフ婚活女もびっくり!アラサー男子の結婚感とは?~その1~

私、清葉アキ子は現在45歳、絶賛婚活中。見た目はキレイなお姉さん系、都内出身、四年制大学を卒業後、編集兼ライターの仕事をしています。38歳から始めた婚活で体験したこと、わかってきたことを堅実女子の皆さんにお伝えできればと思い、ここで紹介します。婚活は、まさしくサバイバルなのです……。

これまでのサバイバルマップはコチラ

アラサー男子会

先日、某繁華街でひとり食事をしていたところ、となりの席にアラサーと思われるサラリーマン風の男性が4人通された。大学時代の友人同士のようで、社会人になってからはほとんど会っておらず、久々の再会といった感じのようだ。

背が高く色白のA氏が、近況として、6年間付き合ってきた彼女と、つい最近別れたと語ったところから、彼らの恋バナが進展していく。私はもう食事が終わっていたが、もう1品と1ドリンクを追加注文した。

A氏は、大学卒業後に入社した会社で仲よくしていた同期男女とよく遊びに行っていたようなのだが、その中のひとりであった同い年の女の子と入社2年目くらいから6年間、おつき合いしてきたという。彼女とは本当に気が合っていたというのだが、別れた理由は、「俺がほかの女の子と会うのを嫌がるから!」「一緒に住みたいみたいなことを言ってきたから!」ということらしい。

彼女はおそらくアラサー女子。7年もつき合ってきた彼と、そろそろ結婚したいと思っているに違いなく、それを踏まえての「一緒に住みたい」なんだと思うんだけど……。それに、ほかの女の子と会うのを少しも嫌がらない女性なんているかしら?

「俺さ、別れて、久々にいろんな女の子と遊びに行けて、超~楽しいんだよね、いま!」と彼。「ひとりの彼女と一緒にいるのってわかり合っているぶん、楽ちんだけど、ほかの女の子と遊び行けないのは、人生の半分を損している感じがしてきちゃったんだよね~」。

男子会メンバーはみんな、大きくうなづいた。

「束縛のキツイ女って面倒だよね」とB氏。彼らのいう“束縛のキツイ女”っていうのは、他の女性と食事や飲み会、遊びに行くのを黙っていられない人だとか……。え、それだけで束縛キツイっていうの!?

「彼女も最後の方は、ほかの男と飲みにとか行ってたし。お互い、合コンとかこっそり行ってたけど、そんなのももうないとなったら、ほんと気が楽になった。しばらく遊んで、結婚したくなったらすりゃいいって感じだよ。いつだってできるしね。彼女と結婚したくないってわけじゃないけど、まだ結婚したくないって感じだったからね」。

茶髪で端正な顔立ちの小柄なB氏いわく。

「俺は彼女いるけど、ぜんぜん女の子と遊びに行ってるけどね!彼女がほかの男と出かけているのも知っているけど、それになにも言わない代わりに、俺のことにも言わせない。なにより、女の子と出かけるなんて言わずにお前らと飲みに行ってることにしているし。疑っているときもあるかもだけど、そんなの知らないふりしてればモメもしないよ」。

童顔で声が高めのC氏も続ける。

「俺はここ半年、彼女っていう彼女はいないけど、決まった女がいないって楽。好きな時に好きなメンバーと好きなことできるし、休みの日にぐうたらもできる。最高だよ。彼女がいると、土日は彼女と会うのがあたりまえって感じになっちゃうじゃん?ほかの予定を先に入れておくと、『え、それ、だれと行くの?』とか言われちゃうし、たまにはだれにも会わないでひとりでぐうたらしたいときあるのに、彼女にせっかくの休日は押さえられちゃう。家に突然来たときは、ほんと嫌だったから、追い返しちゃった(笑)。いまはフリーで気楽!とりあえずしばらくは、彼女ほしいとか思っていないかな~」。

1 2
金運 婚活 美人探偵 運勢 恋愛 不倫 キャリア アラサー 浮気 恋愛講座 セカンド 恋愛運 結婚 貧困女子 アプリ その1 占い 浮気事件簿 時短 アラフォー
賢人人気ランキング
人気記事ランキング
Specialコンテンツ
Information
シャアしてね!
ABJマーク

ABJマークは、この電子書店・電子書籍配信サービスが、著作権者からコンテンツ使用許諾を得た正規版配信サービスであることを示す登録商標(登録番号 第6091713号)です。

ページトップへ▲
  • ABJマーク

    ABJマークは、この電子書店・電子書籍配信サービスが、著作権者からコンテンツ使用許諾を得た正規版配信サービスであることを示す登録商標(登録番号 第6091713号)です。