【婚活サバイバル】アラフィフ婚活女もびびる、45歳って、もう老後なの!?~その1~

【婚活サバイバル】アラフィフ婚活女もびびる、45歳って、もう老後なの!?~その1~

私、清葉アキ子は現在45歳、絶賛婚活中。見た目はキレイなお姉さん系、都内出身、四年制大学を卒業後、編集兼ライターの仕事をしています。38歳から始めた婚活で体験したこと、わかってきたことを堅実女子の皆さんにお伝えできればと思い、ここで紹介します。婚活は、まさしくサバイバルなのです……。

これまでのサバイバルマップはコチラ

自分の子どもでもおかしくない年齢の新入社員たち

この春、出版社やクライアントにも新入社員が多く入ってきた。自分が働き始めたころに生まれた22~23歳くらいの新人ちゃんたちと仕事をするようになり、自分の年齢っていうのを思い知らされることとなった。

ある広告制作会社に第二新卒で入社した23歳女子と話をしていると、母親は43歳。私より年下で、父親は46歳、ほぼ私と同い年。

子どもがいると、その成長が月日の経過を物語るため、自分の年齢も日々自覚するのだろうが、目の前にそういう月日の経過を日々実感するものがなく、しかも若い世代と同目線で仕事をしていると、自分の年齢を忘れることが多い。大学を卒業して23年。長いこと仕事をがんばってきたが、がむしゃらにやってきたせいもあり、その月日の経過を実感することはそうそうなかった。

しかし、現実に、仕事人として働いてきたその月日分成長した“現物”が目の前にあらわれたとき、あぁ、早くに結婚して子どもを産む、っていう人生もあったのかな……としばしば思うようになった。

まぁ、いまさらそんな人生をやり直せるってわけでもないのだけど……。

その新入社員たちと話をしていると、私は外部の人間だからなのか、仕事に対する本音をポロリポロリと話してくる。

「プライベートをちゃんと確保したままで、数年くらい働いてフリーになりたい。早く結婚して、早く子どもを産んで、専業主婦にならない程度でフリーで自由に働きたい」

あぁ、やっぱりフリーってそういう自由で楽なイメージよね。1人で生きていくレベルで仕事をし続けるって、いかに大変なことか!そのために、彼女らが産声をあげてから大学を卒業するまでの長い期間、寝る暇もないほど経験を積んできたつもりだったけれど、そういうがむしゃら感はこれからの時代に合っていないのかもな……。

1 2
恋愛講座 キャリア 運勢 不倫 アラフォー 時短 貧困女子 アラサー その1 浮気事件簿 婚活 結婚 占い セカンド 浮気 美人探偵 金運 恋愛運 アプリ 恋愛
賢人人気ランキング
人気記事ランキング
Specialコンテンツ
Information
シャアしてね!
ABJマーク

ABJマークは、この電子書店・電子書籍配信サービスが、著作権者からコンテンツ使用許諾を得た正規版配信サービスであることを示す登録商標(登録番号 第6091713号)です。

ページトップへ▲
  • ABJマーク

    ABJマークは、この電子書店・電子書籍配信サービスが、著作権者からコンテンツ使用許諾を得た正規版配信サービスであることを示す登録商標(登録番号 第6091713号)です。