コラム 【婚活サバイバル】アラフィフ婚活女も力びびる、45歳って、もう老後なの!?~その2~

あんなに「結婚」「孫」と連呼していた私の両親も、最近ではまったくそういう話をしなくなった。やはりその代わり、自分たちがいなくなってからのことばかり話すようになっている。どちらの親も70代になってもまだまだ元気で、残りの人生を仕事や趣味で謳歌しているが、いつなにがあってもおかしくない。私はまだその覚悟はないが、少しずつそういう話をされると、私も親を安心させるべく家庭というものを持たなくては……とより焦ってくる。

そもそも、私がこの年齢になっても結婚を諦めていない理由の1つは、両親が亡くなったあとの自分のため。帰るべき拠点がほしいということと、生きるための理由がほしいということ。

あぁ、30代後半で婚活を始めたときは“老後”なんてことは考えてもいなかったけれど、40代も半ばに差し掛かったら、“老後”とは言わないまでも、将来を見据えるようになってきた。あぁ、やっぱり私は、中年なんだな。

同世代の妙齢女子が「熟女スナック」でバイトをしようとしていたら、「28歳から35歳までが熟女なので……」と断られたという。

45歳はやっぱり世間的には老人なの⁉ 

まだまだ若い!と思っているのは、当の本人だけなのかもしれない。

そりゃ、45歳になったとたん、婚活サイトの動きも悪くなるわけだ……。

成功者たちの体験談は?

45歳をすぎてご結婚されたお姉さま方に、どうやって結婚にたどりついたか聞いてみた。

「結婚しなくてもいいやと思っていたのだけど、やっぱり親の心配を少しでも緩和しようとして、そういう思いの男性とたまたま出会ったので結婚したの」

「結婚をあきらめたところで、友人に男性を紹介していただいて。これを逃したらもうチャンスはない!と思ったから、即おつきあいして、結婚を早々に決めたの」

「これからの人生には、楽しさとがんばらない楽チンさがあればいいと思ったら、ずっと仲よくしていた男友だちでいいや!って思ったの。ロマンティックな恋愛もステキだけど、この年齢になると、勝手知ったる友人同士の気楽さのほうが勝っちゃったのよね」。

あぁ、そういうことか。

老後を楽しむ、って割り切れば、結婚の考え方も変わるのかも。

ってことなら、先日、告白された、20年来の知り合いの男性と、穏やかな人生を歩むっていうのも、悪くないのかもしれないな。

一緒に残りの人生を楽しく生きていける人、という基準だけでパートナーを選ぶのもいいのかもしれない。

1 2

プロフィール

清葉 アキ子

1974年生まれ。大学卒業後、出版社に勤務。その後、独立して、ファッション誌の編集ライターに。子どものころから占いをすれば必ず26歳で結婚!と出ていたので何も考えず26歳まで生きていたけれど何も起きず、誤差もあるだろうと28歳くらいまで悠長に暮らしていたが、誤差ではないとようやく自覚。大好きな仕事で充実した毎日を過ごしているものの、仕事が大好きすぎて彼より仕事を選んでしまうことが恋愛敗北者になる原因のひとつ。仕事で数多くの恋愛企画、婚活企画を担当していることで、知識だけは豊富になる一方。基本的に真面目で考えすぎる傾向にあり、ノリや雰囲気にのまれにくいタイプ。