【婚活サバイバル】アラフィフ婚活女も熟考、家族よりパートナーがいればいい?~その2~

【婚活サバイバル】アラフィフ婚活女も熟考、家族よりパートナーがいればいい?~その2~

パートナー=結婚じゃないんだけど……

形より、信頼感による繋がり、それこそ理想。

ゲイカップルの毎日をつづっている人気ドラマ『きのうなに食べた?』を見ながら、納得。

毎回、信頼しきっているふたりには、形式はいらない。お互いのことを思い合って、お互いのためになにかをし、お互いの存在をありがたいと思いながら一緒にいることこそ、幸せの形なのだと思い知らされる。

結婚できないからパートナーでいい、ではなく、パートナーという形では不都合があるから結婚という形式をとる、という感じこそ、本当に相手を大切に思い続け、ずっといい関係でいられそう。

とはいいつつも、そういう価値観にシフトするのも、そういうパートナーを見つけるのも、なかなか難しいな。

やっぱり、なんだかんだ言っても、結婚っていう、形が、ほしいって思っちゃう……。

ビジネスライクではない、愛のあるパートナーならいいのかな?結婚という形の恩恵は急病で臥せった時なのか?とか、いろいろ考えてしまう。

1 2

プロフィール

清葉 アキ子

1974年生まれ。大学卒業後、出版社に勤務。その後、独立して、ファッション誌の編集ライターに。子どものころから占いをすれば必ず26歳で結婚!と出ていたので何も考えず26歳まで生きていたけれど何も起きず、誤差もあるだろうと28歳くらいまで悠長に暮らしていたが、誤差ではないとようやく自覚。大好きな仕事で充実した毎日を過ごしているものの、仕事が大好きすぎて彼より仕事を選んでしまうことが恋愛敗北者になる原因のひとつ。仕事で数多くの恋愛企画、婚活企画を担当していることで、知識だけは豊富になる一方。基本的に真面目で考えすぎる傾向にあり、ノリや雰囲気にのまれにくいタイプ。

キャリア アラフォー 時短 浮気 美人探偵 アプリ その1 恋愛 恋愛講座 占い 貧困女子 恋愛運 婚活 浮気事件簿 アラサー 結婚 運勢 セカンド 不倫 金運
賢人人気ランキング
人気記事ランキング
Specialコンテンツ
Information
シャアしてね!
ABJマーク

ABJマークは、この電子書店・電子書籍配信サービスが、著作権者からコンテンツ使用許諾を得た正規版配信サービスであることを示す登録商標(登録番号 第6091713号)です。

ページトップへ▲
  • ABJマーク

    ABJマークは、この電子書店・電子書籍配信サービスが、著作権者からコンテンツ使用許諾を得た正規版配信サービスであることを示す登録商標(登録番号 第6091713号)です。