【婚活サバイバル】アラフィフ婚活女もひいてしまう、A(あえて)K(結婚しない)男子の実態~その2~

【婚活サバイバル】アラフィフ婚活女もひいてしまう、A(あえて)K(結婚しない)男子の実態~その2~

結婚を意識した行動が苦手な男性

別な45歳の大手広告代理店勤務のエリート男性も、歴代彼女を家に入れたことが一度もないという。

この彼もモテないタイプではない。そして、家に難があるわけでもない(汚いとかボロボロだとかではない)。どちらかというとステキな家なのだ(インスタを見るとインテリアにもこだわっているのがわかる)。

彼いわく「デートは外でするもの。家は自分がくつろぐ場所。家に人を上げるとスイッチが切り替えられなくなるから、絶対に嫌なんだよね」。彼女の家にも行かないのも同じ理由。

「結婚を考えないわけではないけれど、あえて結婚を考える必要もないよね? だって、結婚って運命だもん」と言う彼。

「つき合い始めると、女って、ある程度の年月が経ったところで “結婚”を意識させようとする言動をするじゃない?あれが嫌なんだよね。結婚が嫌なわけでも、彼女と結婚したくないわけでもないけれど、そういうのって、タイミングだから!そうなる運命の人となら、お互いの気持ちがそうなったときに自然にそういうことになるんだと思うんだ」

お前は“夢見る乙女”か!

結局、男性って、結婚について考えたこともないし、必要に迫られない限り頭にほとんどない。だからこそ、女性の「結婚したい!」って気持ちにも気づかない。

巷にいる“あえて結婚しない”AK男子は、実は“結婚に無頓着”なAⅯ男子じゃないかと思う。運命の女性は、自分の思っているような理想の女性と信じている人も多いだろう。

「男はいくつになっても子どもだ!」と言うが、ほんと、そうなのかもな。

この歳でハイスペックの男性の“AK男子”にハマったら、ちょっと厳しいな。

なんて思いながらも、彼らのお眼鏡に私が叶うとも思えないから、心配ないか!(笑)

AK男子、AM男子が結婚を決意するには、でき婚くらいの事件が起きないと難しいのかも。

1 2

プロフィール

清葉 アキ子

1974年生まれ。大学卒業後、出版社に勤務。その後、独立して、ファッション誌の編集ライターに。子どものころから占いをすれば必ず26歳で結婚!と出ていたので何も考えず26歳まで生きていたけれど何も起きず、誤差もあるだろうと28歳くらいまで悠長に暮らしていたが、誤差ではないとようやく自覚。大好きな仕事で充実した毎日を過ごしているものの、仕事が大好きすぎて彼より仕事を選んでしまうことが恋愛敗北者になる原因のひとつ。仕事で数多くの恋愛企画、婚活企画を担当していることで、知識だけは豊富になる一方。基本的に真面目で考えすぎる傾向にあり、ノリや雰囲気にのまれにくいタイプ。

占い 運勢 貧困女子 セカンド 恋愛講座 美人探偵 恋愛運 時短 浮気 その1 婚活 不倫 アラサー 浮気事件簿 結婚 金運 アプリ キャリア アラフォー 恋愛
賢人人気ランキング
人気記事ランキング
Specialコンテンツ
Information
シャアしてね!
ABJマーク

ABJマークは、この電子書店・電子書籍配信サービスが、著作権者からコンテンツ使用許諾を得た正規版配信サービスであることを示す登録商標(登録番号 第6091713号)です。

ページトップへ▲
  • ABJマーク

    ABJマークは、この電子書店・電子書籍配信サービスが、著作権者からコンテンツ使用許諾を得た正規版配信サービスであることを示す登録商標(登録番号 第6091713号)です。