コラム 【婚活サバイバル】アラフィフ婚活女が教えます!婚活アプリのプロフィール欄で書いてはいけない趣味~その2~

男性は1人では旅をしたがらない!?

女性は友人と2人や母娘などで気軽に海外に行く人も多いから“趣味”にしている人も多いけれど、男性に“海外旅行が趣味”という人は本当に少ない。

海外旅行の経験がある、という男性がいないわけじゃない。しかし、その多くが「昔の彼女と行ったことがある」とか、「社員旅行で行った」とか、「卒業旅行で男友だちと行ったことがある」とか、少し若い世代なら「子どもの頃に家族旅行で行った」とかいうレベル……。「海外旅行には行ったことがないが、めずらしく海外出張があったので、ちょっと遊んできたけど1人だったからすぐに帰ってきちゃった」という男性も何人か。

どうやら、海外旅行に行かない理由、海外旅行を毛嫌いする理由は、海外に行きたくないとかいうのではなく、旅行の準備が面倒!ってことのよう。だからこそ、男性にとっては“馴染みのない”趣味になってしまい、女性の趣味としても理解しにくい状態になっているのかも。

「旅行」をプロフィールに入れるとしたら……

じゃ、趣味に“旅行”って書かない方がいいの?

いや、そういうわけじゃない。男性ウケのいい書き方があるんです!

それは…旅行(温泉など)。

先ほども言ったように、男性は1人で旅行に行くことが少ない。それは海外だけでなく国内も同じ。日ごろの疲れを癒しに温泉に行きたい!と思っていても、それこそ、男友だちと2人では行く気になれない。だから、温泉旅行は、彼女ができてから、に取っておいているのだ。彼女ができたら、いい旅館に泊まって温泉でしっぽりくつろぎたい❤という願望を抱いて!

ということは、この人とならそんな温泉旅行が実現できる!と思わせれば、“いいね!”獲得も夢じゃない!!

男性は、いくつになっても女性を妄想の中に置いて見る生き物。

海外旅行でリア充アピールするより、温泉旅行を夢見させておきましょ!

「旅行(温泉)」って書いて、男性たちに「彼女と一緒に温泉行きたいな」と思わせちゃいましょう。

1 2

プロフィール

清葉 アキ子

1974年生まれ。大学卒業後、出版社に勤務。その後、独立して、ファッション誌の編集ライターに。子どものころから占いをすれば必ず26歳で結婚!と出ていたので何も考えず26歳まで生きていたけれど何も起きず、誤差もあるだろうと28歳くらいまで悠長に暮らしていたが、誤差ではないとようやく自覚。大好きな仕事で充実した毎日を過ごしているものの、仕事が大好きすぎて彼より仕事を選んでしまうことが恋愛敗北者になる原因のひとつ。仕事で数多くの恋愛企画、婚活企画を担当していることで、知識だけは豊富になる一方。基本的に真面目で考えすぎる傾向にあり、ノリや雰囲気にのまれにくいタイプ。