【婚活サバイバル】アラフィフ婚活女も共感、急いては事をし損じる!?でも、急いてしまう婚活女子の女心※『バチェラー』ネタバレ注意※~その1~

【婚活サバイバル】アラフィフ婚活女も共感、急いては事をし損じる!?でも、急いてしまう婚活女子の女心※『バチェラー』ネタバレ注意※~その1~

前代未聞の出来事が……!

5人の女性が“4強”に残るべく火花を散らしていたその『バチェラー・ジャパン』エピソード7で、いままでにないことが起きた。なんと、ある女性がローズセレモニーを待たずして、振られてしまったのだ!

ローズセレモニーとは、バチェラー自身が選んだ女性の名前を呼び、バラを贈るというイベントで、毎エピソードの最後におこなわれるもの。自分の名前が呼ばれるのか呼ばれないのか……見ている側にも伝わるほど緊張で張りつめる時間だ。

ローズセレモニーで名前を呼ばれるということは、まだ、彼と旅を続けることができるということ。最後の1人に選ばれる可能性が未だ残っているということでもある。名前を呼ばれた瞬間、安堵から涙を流す女性もいるし、バラを手にして満面の笑みがこぼれる女性もいる。一方、名前を呼ばれず脱落してしまった女性は、ここで彼との旅は終わりを迎えることとなる。もう彼へのアプローチができないどころか、すがることもできない。このローズセレモニーに、敗者復活戦はないのだ。愛が憎しみに変わって彼の頬をビンタする人もいるし、一緒に過ごした時間にお礼を告げて最後に情熱的なハグをする人もいる。

今回、エピソード7の最後、ローズセレモニーに参列することなくバチェラーから振られてしまい、アプローチタイム半ばでリムジンに乗せられて帰されてしまった女性がいた。その彼女の言動に、MCの指原莉乃さんも「彼女のように言ってしまう気持ちはよくわかる!」と共感。

彼女がとった言動とは……!?

思い詰めた表情の彼女は、彼を捕まえてのツーショットトークで、ある決断を迫ったのだ。

「最後の1人に選ばれないなら、いま切ってほしい」。

これは男性にとってかなり重い課題だ……。でも、そう言わずには居られなかった彼女の気持ちも、わからないでもなかったため、じわりと涙がにじんでしまった……。

バチェラー自身、多くの女性に好かれてアホみたいに浮かれているだけではない。相手をより深く知るために自分自身もさらけ出しているし、なにより、彼自身も“結婚相手候補”の女性たちから“オンリーワン”として愛されるために、自らいろいろなアプローチをしている。せっかく最高の女性を選んでも、その女性が「やっぱりあなたは違うわ!」って言われてしまっては、すべてが水の泡だから……。

多くの婚活女性は共感するんじゃないかな……。

バチェラーからもらう赤いバラ、毎回ドキドキしながら観てしまいます。

結果が見えない、予想もできない状況だと、どうしても自分を守る策を考えてしまう……~その2~に続きます。

1 2
運勢 アプリ アラフォー 占い 不倫 セカンド 恋愛講座 キャリア 結婚 浮気事件簿 恋愛運 婚活 その1 浮気 美人探偵 アラサー 恋愛 金運 貧困女子 マッチングアプリ
賢人人気ランキング
人気記事ランキング
Specialコンテンツ
Information
シャアしてね!
ABJマーク

ABJマークは、この電子書店・電子書籍配信サービスが、著作権者からコンテンツ使用許諾を得た正規版配信サービスであることを示す登録商標(登録番号 第6091713号)です。

ページトップへ▲
  • ABJマーク

    ABJマークは、この電子書店・電子書籍配信サービスが、著作権者からコンテンツ使用許諾を得た正規版配信サービスであることを示す登録商標(登録番号 第6091713号)です。