コラム 【婚活サバイバル】アラフィフ婚活女もなれるならなりたい、お気楽思考~その1~

私、清葉アキ子は現在45歳、絶賛婚活中。見た目はキレイなお姉さん系、都内出身、四年制大学を卒業後、編集兼ライターの仕事をしています。38歳から始めた婚活で体験したこと、わかってきたことを堅実女子の皆さんにお伝えできればと思い、ここで紹介します。婚活は、まさしくサバイバルなのです……。

これまでのサバイバルマップはコチラ

20年ぶりの邂逅

ふとしたことで久々に連絡をとることとなった20年来の友人がいる。20代半ばに同じ編集部で切磋琢磨してきた同い年の同期だ。彼女はたった1年でその編集部を去り、その数年後には私も転職をして、お互いに新天地で忙しくしていたため、なにかをきっかけに1年に一度連絡を取り合う程度だったが、5年ほど前に彼女が妊娠、出産をしてからは彼女自身と私とではライフスタイルも考え方も変わったため、すっかり疎遠になってしまっていた。

そんな彼女と、先日、久々に長電話をした(長電話自体がいまどき珍しい!)。

彼女は20代前半で知り合った男性と数年つき合ったのち、実家を出たいという気持ちが湧いた勢いで同棲。数年同棲していた家を出なくてはいけなくなったとき、新居を探す際、なんとなく結婚していたほうが見つけやすいとなって結婚することになったという。
「結婚も出産も全然したいとか思ってなかったんだけどね~」と彼女。
「子どもつくるなら38歳がリミットかなってふんわりと思ったら、自然とできてた」。
「アキ子は考えすぎなんじゃないの?なるようになる。先々のことを考えていたらなにもできないし、いろいろ考えちゃうから思い通りにいかないって思っちゃうんじゃない?」。

一緒に働いていたときの彼女は頭より体が先に動くタイプ。ミーハーでお気楽でスーパーポジティブ。そのときその場の流れにふわっと乘って気ままに流されつつも、やりたくないことは決してやらない性格とあって、先輩たちから、「あの子、なんなの!?」といつも陰口をたたかれていたし嫌われていた。一方、どんなことでも嫌な顔をせず先輩たちをサポートし、大変な仕事も面倒な仕事も、いつか糧になると思ってこなしてきた私は、先輩たちから「キチンと考えて真面目に仕事をこなす人」と言われ、重宝されていた。

1 2