【婚活サバイバル】アラフィフ婚活女の友が語る、結婚は諦め?~その2~

【婚活サバイバル】アラフィフ婚活女の友が語る、結婚は諦め?~その2~

「アキ子はモテないわけでもないのに、『ここらで手を打つか……』って思える結婚相手1人、いないわけ⁉ 私よりモテて選べる立場だったのに、なにしていたの!?」

20年来の同い年の女友だちに言われてハッとした。~その1~はコチラ

人生、“ガチ”しかない生き方だったけど……

あぁ、そのとおり! 

“とりあえず”を“よし”としない、先々まで考えすぎちゃう私にない考え方だ。“一生懸命”がいつか報われると思って“とりあえず”をバカにしていたけれど、“とりあえず”こそが、人生を前向きにするための“保険”だったのかもしれない。

いまの状況で“いちばん”と思える環境を選ぶ……。あぁ、そういう思考こそ“ポジティブ”っていうんだろうな。よく考えて先読みをしていたつもりだったが、あぁ、私の先見は甘すぎたか……。

「結婚なんて諦めだよ!」

そう、その女友だちが言った。

彼女は12年間おつき合いした“とりあえず”の“安心彼氏”と35歳で結婚した。

「いや~結婚する気なかったんだけどね……子どもが欲しいと思ったらさすがにここらで手を打たねば……って思ったのよね。ここまで12年間、私のわがままに文句ひとつ言わずつき合ってくれた彼は、これからも“趣味:私”のままだと思う。こんな安心できる環境はこれからはつくることはできないだろうって思ったし、いろいろな男性とおつき合いしたけれど、35歳の私に、これから先、すごくいい人はもう現れないだろうなって思って、オトコ探しはもう諦めた。だから、結婚することにしたの」。

その後、38歳で出産。現在は働くママだ。

“とりあえず”の“安心彼氏”を12年間キープしながらほかの男性ともおつき合いをしていた彼女のほうが、“人生の選択”として、賢かった!?

「でも、もし、すごくいいオトコがもし現れたとして、いまの生活を格段に上回るくらいなら、即座にそっちいっちゃうかもね~!」

結婚から8年経った例の彼女は、大笑いしながら、いまもそんなことを言っている。あぁ、これも、安心できる環境に身を置いている余裕か!?

「結婚に期待をしすぎているから、理想が高くなるのよ!だから相手が見つからない」

と彼女は私にいった。

私の理想は高くないと思う。条件はそう多くないし、身のほどを知っているつもりだ。でもそういうことではないらしい。

「自分がどれだけ心地よくやりたいように生きていけるか、だよ。それだけ!それを邪魔しない相手だったら、だれでもいいの!そんな人、いっぱいいるのに、なんでそんなに選ばなきゃいけないの?」

不思議そうに彼女はいう。

1 2
アラサー 貧困女子 浮気事件簿 その1 アプリ 結婚 恋愛運 アラフォー 金運 占い 不倫 美人探偵 浮気 運勢 キャリア セカンド 恋愛講座 恋愛 時短 婚活
賢人人気ランキング
人気記事ランキング
Specialコンテンツ
Information
シャアしてね!
ABJマーク

ABJマークは、この電子書店・電子書籍配信サービスが、著作権者からコンテンツ使用許諾を得た正規版配信サービスであることを示す登録商標(登録番号 第6091713号)です。

ページトップへ▲
  • ABJマーク

    ABJマークは、この電子書店・電子書籍配信サービスが、著作権者からコンテンツ使用許諾を得た正規版配信サービスであることを示す登録商標(登録番号 第6091713号)です。