【婚活サバイバル】アラフィフ婚活女も知りたい、令和時代の“婚活の王道”はなにか?~その1~

【婚活サバイバル】アラフィフ婚活女も知りたい、令和時代の“婚活の王道”はなにか?~その1~

私、清葉アキ子は現在46歳、絶賛婚活中。見た目はキレイなお姉さん系、都内出身、四年制大学を卒業後、編集兼ライターの仕事をしています。38歳から始めた婚活で体験したこと、わかってきたことを堅実女子の皆さんにお伝えできればと思い、ここで紹介します。婚活は、まさしくサバイバルなのです……。

これまでのサバイバルマップはコチラ

今の時代、大人の婚活にはなにがベストなのか?

私は婚活サイトとか婚活アプリと言ってしまっているが、婚活をしている人で、いわゆるマッチングアプリを使っている人はどれだけいるのだろうか?

男女問わず、私のまわりの独身の多くは婚活をしていないのだが、少数派の「婚活している」という人は、100%の人がマッチングアプリを使っている。いや、むしろ、それ以外の方法はないって思っている。結婚相談所は手厚いサポートがあるがお金はかかるし、労力もかかる。結婚情報サービスも相談所ほどではないが同様。婚活パーティーは行くのが面倒だし、休日返上で参加しても“アタリ”が少ない。街コンは参加者が若く、単なる“友人との飲み”になってしまう。合コンのアテはもうないし、あったところで、ほかの参加者が若くて勝負にならない。紹介も、もうされ尽くした。職場なんて、改めて見回しても“出会う”はもちろん、めぼしい人すらいない。同窓会はいつも同じメンツ。最後の望みは、街なかで偶然の出会い……そんなものはやっぱりそうそうないから、やっぱりいま出会いを見つけるには、マッチングアプリしかない!

婚活市場の〇割がマッチングアプリってホント!?

ある記事で見つけた情報だが、2018年の恋愛婚活を目的にしたマッチングアプリ市場の売り上げは、なんと、結婚相談業・結婚情報サービス業全体の売り上げの3割を占めていたとか。しかも、そのマッチングアプリの売り上げは、2018年1月から10月の10カ月で、成長率163%を記録したという。

私は過去に有料1つ、無料3つのアプリを使っていたが、いまは無料の3つだけに登録中。私の知る限り、多くのところが女性は無料で男性は有料。しかし、女性でも「いいね!」をするためのポイントを購入するためや、より付加価値のあるサービスを受けるために有料会員になったり課金したりしている人も多い。男性の場合は、月会費や入会金を払うほか、そういうポイント購入や付加サービスの課金もしている人が少なくないようだ。それもこれも、より多くの出会いの可能性を求めるため、マッチング率を上げるため、である。

最近は、こういうマッチングアプリの会員限定で、プラスαの結婚情報サービスのような手厚いサポート(の一部)を受けられるというものが増えてきた。

1 2
アプリ その1 アラフォー 恋愛運 結婚 恋愛 キャリア セカンド 婚活 不倫 美人探偵 仕事運 浮気 貧困女子 占い 恋愛講座 浮気事件簿 金運 運勢 アラサー
賢人人気ランキング
人気記事ランキング
Specialコンテンツ
Information
シャアしてね!
ABJマーク

ABJマークは、この電子書店・電子書籍配信サービスが、著作権者からコンテンツ使用許諾を得た正規版配信サービスであることを示す登録商標(登録番号 第6091713号)です。

ページトップへ▲
  • ABJマーク

    ABJマークは、この電子書店・電子書籍配信サービスが、著作権者からコンテンツ使用許諾を得た正規版配信サービスであることを示す登録商標(登録番号 第6091713号)です。