コラム 【婚活サバイバル】アラフィフ婚活女も戦慄、コロナショックで女性がますます結婚しにくくなる!?~その2~

リーマンショック以上の経済的打撃を与える新型コロナウイルス、その影響は婚活シーンにもリアルに及んできている。リモートワークが増えたおかげなのか、婚活アプリは意外と盛況になっている。ただ、問題は話題の内容がみんな新型コロナウイルス関連に終始しがちというところで……。~その1~はコチラ

新型コロナウイルス情報の伝達は、メッセージのやりとりとは言わないよね?

そもそも、なんのためにメッセージのやりとりしているのか、って忘れてるんじゃないかな。相手のことを「会ってもいいかも?」って思えるかどうか見極めるための工程でしょう?なのに、ワイドショーみたいに時事ネタを語っているだけでは、なーんにもならないのに……。

さすがになにも触れないのも微妙なので、私は、新型コロナウイルスの話を入口にしますが、なんとか通常時のような話題につなげます。

「飲食店の営業時間が時短になっているみたいですが、〇〇さんは外食派ですか?自炊派ですか?」

「ご自宅でお仕事できる業務なんですね。ちなみに、どのようなお仕事をされてるのですか?」

「外出自粛の週末ですが、いつも休日はどんなふうにすごしていらっしゃるんですか?」

っていう感じ。

正直、私も、なにも考えなければ「今日の東京の感染者数は〇〇〇人だったそうですね。日に日に増えてきて、心配になってきます。いつまで続くんですかね~」って、5人の男性と似たようなメッセージになるに違いない。そういうメッセージに、上っ面な感じで「そうですね」「がんばりましょう」「大変ですね」って答えるのは超~簡単。でも、そのメッセージ、楽しい?なにか進展ある?そう考えて、がんばって話題を考えて振っているのだ。質問にすることで、その話にさりげなくシフトしていけるし、そうすれば、本来の目的である“相手を知るため”“自分を知ってもらうため”のメッセージになるはずだから。

なのに……質問に答えない人もいるし、ひとことで回答が終わってしまう人もいる。私に興味がなくておざなりなわけではない。だって、毎度、新型コロナウイルス情報はご丁寧にくれるのだもの!

1 2