コラム 【婚活サバイバル】私だけ?アラフィフ婚活女が「厳しい…」と思う、婚活男性たち~その1~

私、清葉アキ子は現在46歳、絶賛婚活中。見た目はキレイなお姉さん系、都内出身、四年制大学を卒業後、編集兼ライターの仕事をしています。38歳から始めた婚活で体験したこと、わかってきたことを堅実女子の皆さんにお伝えできればと思い、ここで紹介します。婚活は、まさしくサバイバルなのです……。

これまでのサバイバルマップはコチラ

とりあえず、間口は広く。絶対に譲れない条件をクリアできたらマッチング

婚活アプリを使った婚活を始めたとき、すでに40代だった私。30代で数々の婚活のプロに結婚事情のリアルを散々聞いてきたこともあり、実際に婚活アプリを始めたときに、結婚相手の理想を抱くのをやめた。イケメン好きだけど、頭がいい人が好きだけど、背が高い男性が好きだけど、細マッチョが好きだけど、そんなことはすべて諦めた。とりあえず、一緒にいて苦痛にならないフィーリングが合う人で、生き抜く力がある人なら、それでいい。一緒に仕事するわけでもないから、仕事がデキる男でなくても目をつむる。クビにならない程度に働けて収入が途切れなければ、それでいい。会社で人望があるよりも、仕事がデキるよりも、私にはいい人で、私が心地よいと感じる相手であればいい。

そんな気持ちだからこそ、婚活アプリで「いいね!」を下さった方は、写真がなくても、どんなに好みじゃない顔でも、プロフィール文とスペックは必ず目を通す。それで、私的に“絶対に譲れない条件”がクリアできていれば、よほどではない限りマッチングしてメッセージをすることにしている。

私が“絶対に譲れない条件”とは、たった5つ。

  • 関東圏在住 
  • 52歳以下 
  • 年収400万円以上で定職に就いている 
  • 死別ではない 
  • 喫煙習慣がない(電子タバコ含む)

これだけ!

40代半ばでこれってどうなの?“ドン引き”レベルのプロフィール

プロフィール文は、スペックでは伝えられない自分をアピールする大切なもの。自己PR文だ。

先日、ある男性から「いいね!」をいただき、その彼のプロフィールページを開いた。するとそこには、頭に「#」がついた言葉が20個ほど並んでいた。インスタグラムでたまに見かける「#」の羅列で文章にしているような、あれ!

#神奈川県在住 

#海までクルマで〇分 

#お仕事は広告関係 

#肉が大好物 

#泡(シャンパンとかビールとか)が好き

…… 

#仲よくなったら温泉行きたい♥

#気軽に話しかけてね! 

みたいな感じ。

今どき?そうかもしれないけれど、40代後半でこういうの、私はドン引き。インパクトはあるけれど、なんかチャラく感じてしまうのは、私だけ!?

きっと彼は、そういうのに「面白い♥」と思うような若い女性を本当は狙っているのかもしれないので、私は失礼させていただきました。

1 2