【婚活サバイバル】アラフィフ婚活女も実感!コロナ禍で婚活が変わる!?~その2~

【婚活サバイバル】アラフィフ婚活女も実感!コロナ禍で婚活が変わる!?~その2~

コロナウイルス感染予防のための自粛中、婚活アプリが盛り上がっていたが、確実な解決策がない世界的問題を抱えた世界的な危機的状況ということもあり、「すぐ会いたい」と言われる率が低くなったのは、じっくりメッセージのやりとりをしたいタイプの私にとっては、願ったり!

そんな状況下でも、マッチングした男性のなかには、「すぐ会いたい!」と言ってきた人が意外と多かったのには驚いた。

~その1~はコチラ

ファーストデートは「ビデオ通話」でバーチャルデート!?

「まず会いたい!」タイプの男性にとって新型コロナウイルス感染予防対策による外出自粛は、おそらく苛立たしいものだったのだろう。本人は会いたいのに、なかなか会えない。サイトを見ていても、「会えないので辞めます」という人も4月くらいから増えてきた。

同じく4月くらいから、マッチングするとすぐに「ビデオ通話しませんか?」というメッセージをいただくことが増えた。

まぁ、こんな時期だから会うのはリスキー。それに、いきなり会うよりは全然いい。とはいえ、いきなり話をするのには、ちょっと抵抗がある。たいした情報もなくて、なにを話したらいいかわからない。「初めまして」の人と話すのは、ただでさえ緊張するのに!

ビデオ通話って、ガラケー時代から機能が搭載されていたにもかかわらず、使用したことはほとんどないほど、なじみがない。仕事でスカイプ打合せなどはしたことがあったが、それは仕事だし……。画面越しで“見定め”されると思ったら、電話以上に緊張する。

声で会話することによって、テンポやテンションから性格や相性をイメージしやすくなる。顔が見えた方が会話も弾みやすい。それは私も理解できる。でも、緊張したら盛り上がるものも盛り上がらない。写真である程度の外見がわかっているなら、わざわざ顔を見て話さなくても、100歩譲るから、電話でいいんじゃないかな?

もっと言えば、人間って、顔から受けるイメージと全体から受けるイメージって、ちょっと違ったりしません?そういうのがあって、自分が相手を知るにも、自分を知ってもらうにも。「はじめまして!」の第一印象が、顔と声だけっていうのが、なんかイヤ。やっぱり、人は全体像で把握したいしされたい(全身って意味じゃなくて(笑))。だから、どうせなら情報はイッキに解禁したいし、されたい。

イメージだけ先行しちゃうと、「思ったのと違うかも!?」ってなりそうなんだもの!

それに、初対面で自宅まで映り込むのも、ちょっと抵抗ある。人によっては、いろいろ割り出せるというし……。

1 2
その1 浮気 キャリア 貧困女子 マッチングアプリ 浮気事件簿 アプリ 金運 美人探偵 占い 恋愛運 アラフォー 婚活 運勢 結婚 アラサー 恋愛 恋愛講座 不倫 セカンド
賢人人気ランキング
人気記事ランキング
Specialコンテンツ
Information
シャアしてね!
ABJマーク

ABJマークは、この電子書店・電子書籍配信サービスが、著作権者からコンテンツ使用許諾を得た正規版配信サービスであることを示す登録商標(登録番号 第6091713号)です。

ページトップへ▲
  • ABJマーク

    ABJマークは、この電子書店・電子書籍配信サービスが、著作権者からコンテンツ使用許諾を得た正規版配信サービスであることを示す登録商標(登録番号 第6091713号)です。