コラム 【婚活サバイバル】アラフィフ婚活女の考察、平成“モテ女子”遺産……かつての“モテ女子”が独身である理由 ~その1~

私、清葉アキ子は現在46歳、絶賛婚活中。見た目はキレイなお姉さん系、都内出身、四年制大学を卒業後、編集兼ライターの仕事をしています。38歳から始めた婚活で体験したこと、わかってきたことを堅実女子の皆さんにお伝えできればと思い、ここで紹介します。婚活は、まさしくサバイバルなのです……。

これまでのサバイバルマップはコチラ

天然“モテ女子”が、なぜか恋愛から遠のいている!

新型コロナウイルス感染対策での自粛が解除されたが、東京は第二波を予感させるかのように新規感染者100人超を更新し続けている。広告代理店勤務の女友だちも6月いっぱいまでは自宅でのリモートワークだったのだが、7月からは週3日の出勤に変わった。すぐ近くに住んでいるということもあり、気候がよくなってきた4月くらいから、“コロナ太り”対策のために、お互いの仕事がたてこんでいない平日昼間、2人でウオーキングをしていた。コロナ渦で唯一会っていた人物だ。人とも会わず、仕事の要件もメールやチャットでのやりとりが多くを占める日々も、彼女と歩きながら話すことで、ストレス発散できたと思っている。

性格も考え方もかなり違うのだが、30年来の気心知れた友人は、張り詰めた日々のなかで、救いになった。

46歳、同い年で独身のその彼女。大学生のころは、男友だちや男性の先輩たちと遊びに行くことが多く、それも大人数でというよりは2人で、というのが多かった。たまにその2人とのお出かけに合流することもあったのだが、彼女は彼らに可愛がられている存在に見えた。就職後も、社内の上司や先輩の男性からはもちろん、取引先のおじさまたちからチヤホヤされていたし、彼女と合コンに行くと、そこそこモテていた記憶もある。「そりゃモテるはずだ……」とだれもが言うほどの美人ではないが、なぜか“モテ”る彼女。

その彼女が、私の知る限り、ここしばらく、ぱったりそういう“モテ”話から遠のいてしまっている! なぜ!?

友人で検証済み! 間違いなくモテるのは、“天心爛漫”な“甘え上手”

ウォーキングをしている途中、彼女が急ぎのメールや電話に対応することがあったのだが、プライベートの彼女とは違う面を垣間見た。もともと、「勤務時間外も土日も仕事しませ~ん」というタイプで、仕事用の手帳もデスクに置いて帰るし、休日はもちろん長期休暇でも会社用携帯は自宅に置いてくるという徹底ぶり。だから、仕事をしている彼女を知ることは、ほとんどなかったので、目の前で電話をする彼女がすごく新鮮だった。

ふと、20代半ばに、彼女が担当する案件を相談され、私の上司に紹介したことがあったときのことを思い出した。以前の彼女は、もっと違ったように記憶している。「お疲れさまで~す(ハート)」「よろしくおねがいしま~す(ハート)」「うん、うん(ハート)」とまるで語尾に“ハートマーク”がついているかのように“語尾を上げめ”&“伸ばしめ”で話しているのを聞き、比較的ゆるめの職種である編集者である私でも驚くほどの、その“甘ったれ感”にすごく違和感があった。あとで、「“アホっぽい”からやめなよ!」と言ったくらいだ。

1 2