コラム 【婚活サバイバル】アラフィフ婚活女の危機!?マッチングアプリで「通報」されて大ピンチ!~その2~

「暴言」は「誹謗中傷」に含まれる? デートの無断ドタキャンも「通報」してOKなの!?

実は、彼から「謝りたい」というメッセージが来る半日前に、婚活仲間のお姉さんたちから「こいつヤバいから、通報して、ブロックしちゃいなよ!」とアドバイスをされていた。気が進まないながらも「通報」システムをのぞき見してみたら、“犯罪まがい”の“危険人物”じゃなくても「通報」できることを知った。

私がメインで使っているアプリでは、「通報」のページに進むと、その種類は選択式となっていて

・既婚、恋人・パートナーがいる

・ネットワークビジネスや投資に勧誘

・ほかのサイトへ勧誘(サイト誘導を目的にしたサクラや業者)

・このアプリ利用目的に関係ない勧誘

・金銭目的(パパ活、ママ活、援助交際、食事や使役を求める行為)

・体の関係目的(セフレ、ソフレ、愛人関係)

・不適切なプロフィールや詐欺がある

・投稿写真が芸能人・著名人の画像

といった悪質な“危険人物”の類がずらりとならんでいた。

しかし、さらに下の方を見ると、こんな内容も選べるようになっていた。

・当日の無断ドタキャン

・誹謗中傷や卑猥な言動が目立つ

・不適切なふるまい、規約違反行為

・そのほか不快な行為

男女問わず、マッチングアプリ利用者からよく聞く「無断ドタキャン」も「罵声」も「通報」してしまってよかったんだね(“誹謗”は悪く言われたり非難されたりすること)。

ちなみに、アプリ内でのやりとりはもちろん、アプリ外でのやりとり(たとえばLINEなどほかのSNSや、リアルに会ったときのことなど)でもアプリの運営側に「報告」可能。アプリ内の場合、運営側がそれを見てくれるが、アプリ外の場合はそれができないため、証拠になるようなもの(メッセージのやりとりのスクリーンショットとか、写真とか)を残しておくとよいそう。

ちなみにそのアプリは「通報」に対して24時間体制でサポートしているようで、犯罪につながるような悪質な“危険人物”の場合は、即刻、強制退会の手続きが行なわれるとか。本人や通報者への確認が必要な場合は、「こういう報告がありましたが事実確認したいです」というお知らせがいき、 “違反行為”と判明すれば強制退会、“違反行為”とまでいかない場合は“注意”レベルで終わるそう。「通報」後、相手がどうなったかはとくに報告されないので、「その後の末路を知りたい」というジャーナリスト気質の人は、あえて「ブロック」しないでおくと、結果が見届けられます(“逆ギレ”されて返り討ちされて、さらに嫌な思いをする可能性もあるので、おすすめはしませんが……笑)。

1 2 3