コラム 【婚活サバイバル】アラフィフ婚活女は避けたい、“疲れたおばさん”化現象~その1~

46歳にもなれば、さまざまな経験から、価値観や考え方に変化は生じるもの。彼女とは30年以上一緒にいるので、その変化を知っている。ふと、ここしばらくの彼女について思い返していたら、彼女が “風景化”してしまうことになった原因に気づいてしまった。

そのなかでも大きなものが、この2つ。

原因1:「お金」を使わなくなった

原因2:決まった人以外との人づきあいをしなくなった

原因1:「お金」を使わなくなった

老後に必要な資金は2000万円というニュースが流れたあたりから、彼女は「お金」使わなくなった。もともと無駄遣いはしない節約上手な彼女ではあったが、そんななかでも「女は高く見せなきゃ大切にされない」という持論があり、コートやバッグなど人の目につきやすいものに関してはハイブランドを選んでいた。一方で、家電はすべてリサイクルかもらいもの、食品は遠くのお買い得な八百屋まで足を運ぶ、など見えない部分はかなりの節約をする堅実さ。見た目が大事だということで、美容ページの編集をしていた私にあれこれ聞いて。20代からシミやシワなどに効果的な美容施術を受けていたし、話題のコスメは必ずチェックしていた。

その彼女が、いまは、ほぼフリマアプリかプチプラショップで手に入れた服で済ませている。コスメもドラッグストアや100円ショップのプチプラ限定。

「シンプルなデザインのものならずっと着られるじゃない!プチプラならコスパ最高‼」

「メイクなんてどうせ落とすものだし、マスクすればほとんど見えないからなんでもいい!」

「シミ?この年なんだからしょうがないよね。どうせ私の顔なんてだれも気にしないのだから、自己満足にお金を使う必要ある⁉」

彼女の口から、こういう話が出ることがすごく増えた。“安かろう=悪かろう”とは一概に言えないが、キレイでいよう、キレイになろう、という意欲が彼女からなくなったのは確かで、そこにお金をかけることが“もったいない”“ムダ”という感覚になっているようだ。

「だって、財産として残らないものにお金をかけるなんて、ムダじゃない!」

つまりマンションやロレックスの時計など、財産として価値のあるもの以外にはお金を使うのは“ムダ”ってこと。つまり、彼女のなかでは、彼女自身にお金をかけることも、いつか着られなくなる服や消耗品にお金を使うことも“ムダ”って感覚のよう。

「ほしいもの、というよりは、ずっと使えるか?フリマアプリで確実に売れるか?時間が経ってもお金になるか?って考えて買う」とまで言っていたから、彼女の見た目がどんどん地味&シンプルになっていっているのも納得。

2つ目の原因「 決まった人以外との人づきあいをしなくなった 」については……?

マスクをしていると、たいていは表情をごまかせるのに疲れているように見えるのはヤバい。

「街で男性に声をかけられた」という私の話を、いつも「いいな~」と言う彼女。声かけられたいけれど、かけてほしくない……複雑なアラフィフの乙女心。その原因にさらにせまります。~その2~に続きます。

1 2

プロフィール

清葉 アキ子

1974年生まれ。大学卒業後、出版社に勤務。その後、独立して、ファッション誌の編集ライターに。子どものころから占いをすれば必ず26歳で結婚!と出ていたので何も考えず26歳まで生きていたけれど何も起きず、誤差もあるだろうと28歳くらいまで悠長に暮らしていたが、誤差ではないとようやく自覚。大好きな仕事で充実した毎日を過ごしているものの、仕事が大好きすぎて彼より仕事を選んでしまうことが恋愛敗北者になる原因のひとつ。仕事で数多くの恋愛企画、婚活企画を担当していることで、知識だけは豊富になる一方。基本的に真面目で考えすぎる傾向にあり、ノリや雰囲気にのまれにくいタイプ。