コラム 【婚活サバイバル】アラフィフ婚活女は避けたい、“疲れたおばさん”化現象~その2~

街の風景にもなってしまったような“疲れたおばさん”になっていた、アキ子の友人。華やかで女子力全開だった彼女がなぜ……?~その1~では、原因1「お金を使わなくなった」についてご説明しました。さて、続く原因2「決まった人以外との人づきあいをしなくなった」については……。~その1~はコチラ。

原因2:決まった人以外との人づきあいをしなくなった

人づきあいや愛想がいいため、末っ子ならではの甘え上手もあり、上司や先輩の男性からのお誘いが多かった彼女。私の誘いもほぼ断らず、いろんなところにつき合ってくれた。お互いの友人を紹介しあったり、さらにその友だちなどを誘い合って遊んだりしていたこともあった。だから、私は彼女の職場の友人や大学の友人など10人以上知っているし、私の友人は彼女まで結婚式に呼ぶほど仲よくなった。

その彼女から、ここ数年、友人の名前は5人ほどしか聞かない。地元の保育園からの友人数人と、会社の同僚だけだ。だれかと食事に行く予定も聞かなくなったし、私や友人と旅行に行くのもやめた。地元の友人は、毎週末、犬を連れて公園に行く仲間であり、私は平日の夜など近場に出かけるときの仲間……そんなところだろう。

平日は「お金をつかいたくないから」と外食はせず自炊。週末のお出かけは、犬の公園以外は、母親と。海外旅行も国内旅行も、ここ5年は母親とばかりだ。

「気を使ってお金も使うなんてバカみたい!」「せっかくの旅行なのに、だれかに気を使いたくないのよね」と彼女。

お誘いを断るようになったのは、「お金を使いたくない」ということからだっただろう。しかし、人づきあいが減ってからの彼女からは、「面倒くさい」「それ、なんの得がある?」と言う言葉が多くなったような気がする。会社の飲み会やイベントに参加しないのも、男性や若い女性といった、自分と感覚が違う人たちとはイラ立ちしか感じず、気を遣うのも嫌だし面倒だから、だとか。

そうやって世の中と距離を置いてきている彼女。以前は、友人などから仕入れた巷の話題などを話すことが多かったが、いま、彼女の情報源は、ほとんど母親とNHK!話題も趣味嗜好が同世代に比べて“老け”ていってる気がしちゃうのは私だけかしら……。

1 2