コラム 【婚活サバイバル】アラフィフ婚活女も鳥肌、“恋愛下手”婚活男性のふくらむ妄想と想像力不足~その1~

私、清葉アキ子は現在46歳、絶賛婚活中。見た目はキレイなお姉さん系、都内出身、四年制大学を卒業後、編集兼ライターの仕事をしています。38歳から始めた婚活で体験したこと、わかってきたことを堅実女子の皆さんにお伝えできればと思い、ここで紹介します。婚活は、まさしくサバイバルなのです……。

これまでのサバイバルマップはコチラ

マッチングアプリで「恋愛下手」男性に遭遇する率が高すぎる!

いまやマッチングアプリは婚活の主要ツールと言っても過言ではない。婚活に限ったことではないが、出会いのために若い世代から熟年層まで使っているのだから、もはや、出会いのスタンダードだ。

「リアル社会で恋愛ができないヤツか、体目的のヤツしか登録していないんでしょう?そんなところにいい人なんているわけないじゃん!」と思っている人がいるなら、それは立派な時代遅れかも……。

とはいえ、マッチングアプリを数年使っているが、いまだ“いい人”に出会えてないのは事実。正直、体目当ての男性がいるのも、恋愛経験値の低い男性が多いのも想定内だったが、40代にもなってこんなにも「恋愛下手」の男性が多いということがショックだ。

彼らに共通しているのは、「妄想」がすごいのに、「想像」ができないということ。彼らはまるで判を押したように同じような行動をする。世の中に蔓延しているマニュアル、多分間違っていると思うんだけどな……。というより、リアルな世界で出会って恋愛しようとするのと、マッチングアプリのようなヴァーチャルな出会いから恋愛をはじめようとするのって、全然進め方が違うんじゃないかって思うのだけど……。

だれか、マッチングアプリでの婚活用マニュアル、作ってあげてください!

「ありがとう」は「私も好き」じゃないんですけど……

マッチングアプリにおいて「いいね!」は、「いいなって思ったよ」というサインのようなもので、「気になるから、お話してみませんか?」という軽い意思表示にすぎない。たとえるなら、道行く人で目についた人に声をかけるナンパくらいの軽さ。私は自分から「いいね!」をしたことがないけれど、多くの人は気軽に「いいね!」を送るし、いただいた「いいね!」にも気軽に「ありがとう」を返す。つまり、「ありがとう」は「ナシではないので、ちょっと話してみましょうかね?」くらいの感覚だ。これってアプリユーザー間だけでなく、結婚情報サービスでも結婚相談所でも同じだと思う。

1 2