コラム 【婚活サバイバル】アラフィフ婚活女が婚活男女に告ぐ。“お見合い写真”の正しい「見かた」「撮影のしかた」~その1~

私、清葉アキ子は現在46歳、絶賛婚活中。見た目はキレイなお姉さん系、都内出身、四年制大学を卒業後、編集兼ライターの仕事をしています。38歳から始めた婚活で体験したこと、わかってきたことを堅実女子の皆さんにお伝えできればと思い、ここで紹介します。婚活は、まさしくサバイバルなのです……。

これまでのサバイバルマップはコチラ

中身で勝負したくとも、婚活市場では “まずは外見”という現実……

古くから、結婚相手を選ぶ際には「外見より中身」とか「美人は3日で飽きるが、ブスは3日で慣れる」とかいわれているが、婚活市場では、ほとんどが“写真ありき”だ。つまり、“まずは外見”ということである。それは、マッチングアプリだろうが、結婚情報サービスだろうが、結婚相談所であろうが、友人の紹介であろうが変わらない。

もし中身にどんなに自信があっても、“写真”でそれを確実に伝えることは難しい。友人や仲人さんなどの紹介してくれる第三者によるセールストークがあと押しすることはあるだろうが、マッチングアプリや結婚情報サービスの場合はそうもいかない。自己PR文で自己申告する以外方法がないが、まだ会ってもいない人のそれを真に受ける人はどれだけいるだろうか?

そもそも、人間の中身に対し、良し悪しという判断は難しい。ある人にとっては“良し”のことも、別な人にとっては“悪し”になることがあるからだ。相性のようなものであるから、会ってみないとなんとも言えない。

となると、ファーストインプレッション(第一印象)を決める“写真”が合格ラインに達していなければ、“中身”アプローチの機会も得られないというのが現実。もし気軽に使えるマッチングアプリであっても、婚活が目的である場合は、“写真”は単なる“情報のひとつ”ではなく “お見合い写真”と思っておいて正解!

中身に自信がある人こそ、絶対に“写真”に注力を注ぐべき!

見た目に自信がないからといって、「見た目より中身勝負!!」なんて豪語していても、所詮それは負け犬の遠吠えで終わってしまうかもしれないから……。

1 2