コラム 【婚活サバイバル】アラフィフ女が思わず涙!結婚しないで生きてきた人生は間違いだらけなの!?~その1~

私、清葉アキ子は現在46歳、絶賛婚活中。見た目はキレイなお姉さん系、都内出身、四年制大学を卒業後、編集兼ライターの仕事をしています。38歳から始めた婚活で体験したこと、わかってきたことを堅実女子の皆さんにお伝えできればと思い、ここで紹介します。婚活は、まさしくサバイバルなのです……。

これまでのサバイバルマップはコチラ

「結婚前提でしかおつき合いしたくない」って思うのは変なこと⁉

「君は『結婚前提でしかつき合いたくない』って言うけれど、つき合ってみたら違うってこともあるじゃない?つきあう前にどんなに吟味したって、結婚したら変わっちゃう人なんていっぱいいるんだよ!正直、つき合う前に何度食事しても、何度出かけても、時間の無駄。とりあえずつき合って、一緒に住んでみなきゃ、本当に相手のことなんて知ることはできないよ。一緒の生活が長く続いて、この人となら一緒にいられるって思ったときにするものだよ、結婚って……。それに、そもそも結婚って、相手のためならなんでもできるって思えるくらい好きじゃなきゃ、するものじゃない。つき合いもする前から“結婚前提”って考え方がおかしいよね?」

マッチングアプリで2か月ほどメッセージのやり取りをした男性と初めて会ったときに、こんなことを言われた。

彼が言っていることはわかる。私だって、恋愛から初めて、自然な流れで結婚したい。でも、もともと慎重派で恋愛低体温の私。好きになるのに時間もかかる。一緒にある程度の時間を共有してからじゃないと好きになれないから、まさに「お友だちから始めましょう」というのが一番の理想だ。

しかし、出会いが少ないうえ、出会えたとしてもお互いに仕事を持っているとなると、そう頻繁に会えるわけではない。そんななかで時間をかけて、やっと好きになってつき合い始めても、しばらくすると「違うかな」とどちらかが思って別れることになる。そのときにはすでに数年経過……なんてことだってあり得る。若いときほど恋愛に時間も情熱もかけられないから、行先が見えない道をやみくもに走り続けることはできない。

実際、結婚妙齢期のアラサーから40代後半のいまに至るまで、何人かとおつき合いしてきたが、結婚をまったく考えていない男性がどれだけいたか(私と結婚したくない、という意味ではなく、まだ結婚を考えられないということ)!!

「結婚前提で~」と私が言うのは、結局、結婚をそこまで真剣に考えていない男性や、婚活と恋愛を一緒だと思っている男性が多いこともあるし、婚活アプリであっても既婚者や恋活希望者がいるという事実があるからだ。

結婚前提でおつき合いって、そんなにおかしなこと?

若いうちに恋愛結婚した人に、「婚活」は理解できまい!

30代前半までは、私だって恋愛結婚が当たり前だと疑いもしなかったし、当時おつき合いしている彼との将来は、何度も何度も夢に見た。2人の関係が続くよう、徹夜仕事をしてまでも彼との時間をひねり出し、彼が喜ぶことをあれこれ考え、やれる限りの努力はしてきた。でもその努力は、結局ひとつも実らなかったのは、彼らにとって私は“結婚相手”というより、“恋愛するならちょうどいい相手”どまりだったのかもしれない。

私が「そろそろ結婚したいな」と思うと、相手は “恋愛するならちょうどいい相手”として潮時と思うのか、フラれてしまう。将来まで考えていた相手にフラれるって、相当な痛手。毎度、これ以下はないってくらい底辺まで落ち込んで、なかなか立ち上がれなくなった。そういうことが続いた結果、だれとも結婚の約束もないまま40代に突入してしまったのだから、「今度恋愛するなら、結婚を意識している人と!」「将来を考えた人と別れる辛さをもう味わいたくない!」と強く思うのは変なことなのかな?

1 2