コラム 【婚活サバイバル】外国人のストレート&やさしい“愛の言葉”にアラフィフ女もきゅん!?~その2~

アプリで知り合った外国人(とくに欧米人)とのメッセージのやりとりや会話は、いろんな意味でストレート。知りたいことはどんどん聞かれるし、その答えに対して思ったことはちゃんと伝えてくる。言葉に若干たどたどしさがあるせいで端的な言葉でのやりとりになるので、余計な駆け引きなどは入ってこない。「自分を知ってほしい」「あなたを知りたい」という目的が明確で 会話の意図がどこにあるかわかるので、正直、日本人よりもコミュニケーションをとりやすい(笑)。中身のある会話を繰り返しているからこそ、 短い期間でも相手がどんな人なのかある程度わかるし、 早いうちから深い話をすることも多い。本音をぶつけあうから、スピーディーに距離を縮められる。これが私が思う、外国人の魅力かな。

先日、マッチングアプリで出会った50歳アメリカ人は、連日、朝から夜まで、私を質問攻めにし、その合間合間で甘い言葉を投げかけてくる。 アプリのみならず、リアル世界でも、こんなに真剣に私のことを知ろうとしてくれる男性、いままでいただろうか? ~その1~はコチラ。 

外国人特融のたどたどしい日本語は、ハッキリ言って罪です(笑)!

東京・福生の米軍基地に数週間前に軍医として赴任したというアメリカ人の彼。彼の夢は、退役したら日本に自分の病院を立て、信頼し合える愛する人と一緒に暮らすこと。日本語も話せて、日本に永住する気でいて、私好みのやや筋肉質。年収3000万の軍医で、日本で医者をやるというから、こんな理想的な結婚相手はいない。

しかも、私の仕事も応援してくれて、私の価値観も認めてくれている。いままでの彼のように「仕事と俺、どっちが大切?」なんて聞かないし、アプリで会った男性陣のように「リア充しているんだから彼氏いらないよね。結婚しなくていいんだよね」なんて言わない。理想の結婚像も家族像も似ているし、なにより私のことを、なにからなにまで知ろうとしてくれている。

「あなたと私はまるでソウルメイトのように考え方が同じです。私はあなたと結婚して幸せになれると確信している」 「私はあなたとの生活を夢見て、それを早く実現したいと思っている」 と彼。

ときどき文法的におかしかったり単語がわかりづらかったりする、彼のたどたどしい日本語でそういう真剣な話をされると、言葉を理解しようとする脳が、彼を理解しようとする脳へと変換されるから不思議だ。気づけば、母性本能のようなものがくすぐられている。まるで、ようやくおしゃべりができるようになった幼稚園児が一生懸命話しているのをがんばって理解しようと真剣に聞いているお母さんのような気持ち。そんなところに、日本人はほとんど言ってくれない「あなたのそういうところが素敵だ」「愛しています」 「私の愛はあなたのためにある」なんて甘い言葉が何度も何度もささやかれ(実際はメッセージなのだけど(笑))、将来の2人の夢を具体的に語ってこちらに夢を見させてくる。

惚れっぽい女性なら、この“たどたどしい日本語”と“ストレートな愛情表現”だけで、かなり好きになっちゃうかもしれないな……。

「真実の愛」で結ばれた2人が結婚したら……そんな夢を見させてくれる彼の言葉。

独身も既婚者もバツイチも……アラフォー&アラフィフ女たちがみんな胸きゅん♪ 

彼の写真とLINEに移行してから数日のやりとりを、同世代の女友だちの何人かに見せたところ、みんな「素敵♪ いいじゃない!」「私もこんなふうに言われた~い」などと、テンションあがりまくり。毎朝の「おはようございます。あなたと一緒に目覚めたら、私の今日は輝くでしょう」、毎晩の「おやすみなさい。あなたと今日も話せたことが私の幸せです」なんてメッセージを見ては、キャーキャー♪と大はしゃぎ。 「やっぱり外国人のこういう愛情表現っていいわよね~」「このたどたどしい日本語だからこそ、伝わるのよね~」なんて、まるで自分が彼にそう言われたかのようにうっとりとした顔で と、何度も何度も読み返すほど……。そして最後にはみんなこういうのだ。「やっぱり外国人と国際結婚って、いいわよね~」って。

1 2