コラム 【婚活サバイバル】結婚に求める最重要ポイントって“イチャイチャ”なの? ~その1~

私、清葉アキ子は現在46歳、絶賛婚活中。見た目はキレイなお姉さん系、都内出身、四年制大学を卒業後、編集兼ライターの仕事をしています。38歳から始めた婚活で体験したこと、わかってきたことを堅実女子の皆さんにお伝えできればと思い、ここで紹介します。婚活は、まさしくサバイバルなのです……。

これまでのサバイバルマップはコチラ

なぜ、結婚したいのか?

「婚活」というと、よりハイスペックな相手を見つける行為と思われることが多いのだが、私はそう思っていない。単に、日常生活に出会いがそうそう転がっていないし、たまにあったとしても、結婚につながる恋愛になるかどうかもわからない。とにかく出会いの機会を少しでも得て、結婚したいと思っている男性と出会うために婚活をしている。

テンション上げて知らない人と話をして、会って…… 正直、婚活なんて面倒だ。ふつうならしなくていいような嫌な思いもたくさんする。そこまでして、なぜ結婚したいのか? 

以前の私は、子どもがほしかったし、子どもを一緒に育てる家庭がほしかったから結婚したいと思っていた。ところが気がつけば、そんな 一般的な将来の夢すら叶えられない年齢に……。あたりまえのように思っていた自分の将来を諦め、これから自分が目指す未来をもう一度考えなおしたが、私はやっぱり、だれかと一緒に暮らしたいと思ったし、だれかと“結婚生活”というプロジェクトを一緒にしたいと思った。そして、なにより、精神的にツライと思うときに、絶対的に頼れるパートナーがそばにいてほしいと思った。もちろん、自分がだれかにとってそういう存在でありたいとも思っている。これがいまの私の結婚したい理由。

恋愛結婚した人からは「一緒にいたい!と思う気持ちだけで十分なのに、なんでそんなグダグダいろいろ考えるの?」なんて言われるけれど、生活の中で自然と好きな人を見つけることができる環境ではなく、恋愛に発展しそうな出会いの機会も少ない46歳の私は、目的意識を持って積極的に“出会い”を“結婚”につなげていかねば、泣く泣く変えた“将来の夢”すら、生きている間に叶えられないかもしれない。だから、“自然と”待ちをせずに、自分が積極的に動くために目的を明確にしただけ。

女性ファッション誌で婚活に関する企画をつくるために取材した“婚活のプロ”たちも、「婚活とは、どんな結婚生活を送りたいか? そこを明確にして、それに合う人を見つけること」とおっしゃっていた。恋愛結婚なら「一緒にいる」が目的となって、その彼とどういう生活を送るかを見つけていくのだろうが、婚活は入口からして違うのだ。

“恋愛と結婚は別”というのは、恋愛結婚された方にはぼんやりとしかわからないと思うが、少なくとも、婚活においては完全に別モノ! 恋愛モードで相手を見つけて少しずつ価値観を確認していくなんて時間もないし、長い時間かけたのに違った……なんて回り道している余裕もない。

結婚がゴールじゃなく、結婚生活をうまくやることが目的だからこそ、楽しい恋愛対象を探すのではなく、生活を一緒にできる人を探す必要がある。“なんでも本音で話せるくらい信用のできる”ことこそ、私が結婚に求める“最重要ポイント”だ。

「婚活」してでも結婚したい! 「イタイ」と言われようが、これが私の将来の夢なのだ。
1 2