コラム 2021年、初対面で誕生日祝いと罵倒をくれた43歳・男性の話~その1~【婚活サバイバル】

コロナ禍で増えたのは、マッチングしたら「とりあえず話したい!」という男性

2021年、初めてお会いしたのは、お正月明けくらいにマッチングした43歳の男性。1月は仕事が立て込んでいたうえ、大きな締め切り直前にPCが突如故障してしまうという大惨事に見舞われたせいで、やりとりはとぎれとぎれではあったのだけれど、2週間ちょっとやりとりしたのち、電話で話したいといわれて、1時間半ほど話をしてみた。会ったことない人と電話で話すのはあまり好きではないのだが、こういうご時世、ビデオ通話や電話で「まずは話したい」という人は増えてきている。私もこんな時勢だし、ちょっと忙しい時期でもあったので、会うよりは電話のほうがいいかな、という気持ちにもなってきている。

IT関連会社でマネージャーをしているという彼と話をしてみると、どんな話も拾うし広げる話力とコミュニケーション力はあるし、いきなり「なんでいままで結婚していないの?」 「どんな恋愛してきたの?」 なんて不躾なことは聞いてこないので、とりあえずは“悪くない”。男性の割に話好きだな……と思ったけれど、話さないよりぜんぜんいい! 

マッチングして1カ月弱なのに会うの!?

どうやら彼も私を“悪くない”と思ったようで、「近々会いましょう!」と誘われた。コロナ禍なので、そんなに積極的には会いたくないのが本音。しかも、正直、12月からほとんど休みなく働いているし、仕事も溜まっているので、時間も気持ちも余裕がない。ふと冗談で、「来週、私、誕生日なのでお祝いしてくだるなら~(笑)」と言ったところ、一瞬の間があり、「そうしよう! でも、その前に1回会っておきたいなぁ~」と彼。でも、私、 誕生日当日の夕方までの締め切りがって身動き取れず……それは無理。

電話では一度お話しているとはいえ、初対面。 コロナも心配だし、 メッセージでそこまで盛り上がったわけではないし、 緊急事態宣言中でたいていの店は20時までしか営業していないし……なんだかんだ理由をつけて誕生日のお祝いの話はスルーしてくれないかしら?と思っていたのだが、なんと、当日夕方に連絡が来て、私の最寄り駅にあるフレンチのコースが予約がされているという。初対面が、フレンチのコースでのお誕生会って……!

一瞬ひるんだのって、”誕生会”で高額な料理をおごることが嫌だったのかな(笑)?

正直、お祝いしていただく義理もないし、どう喜んだらいいかわからん! 前日まで「忙しいと思うのでいいですよ……」と言って断りやすくしておいたはずなんですが……。

そんなこんなの、彼とのフレンチディナー誕生会はどうだったか? ~その2~に続きます。

1 2

プロフィール

清葉 アキ子

1974年生まれ。大学卒業後、出版社に勤務。その後、独立して、ファッション誌の編集ライターに。子どものころから占いをすれば必ず26歳で結婚!と出ていたので何も考えず26歳まで生きていたけれど何も起きず、誤差もあるだろうと28歳くらいまで悠長に暮らしていたが、誤差ではないとようやく自覚。大好きな仕事で充実した毎日を過ごしているものの、仕事が大好きすぎて彼より仕事を選んでしまうことが恋愛敗北者になる原因のひとつ。仕事で数多くの恋愛企画、婚活企画を担当していることで、知識だけは豊富になる一方。基本的に真面目で考えすぎる傾向にあり、ノリや雰囲気にのまれにくいタイプ。