コラム アキ子、初対面の経営者男性からまさかの“すっぽかし”!?~その1~【婚活サバイバル】

私、清葉アキ子は現在47歳、絶賛婚活中。見た目はキレイなお姉さん系、都内出身、四年制大学を卒業後、編集兼ライターの仕事をしています。38歳から始めた婚活で体験したこと、わかってきたことを堅実女子の皆さんにお伝えできればと思い、ここで紹介します。婚活は、まさしくサバイバルなのです……。

これまでのサバイバルマップはコチラ

コロナ禍で「婚活アプリ」は盛り上がっているのか?

「婚活アプリって、コロナになってすごい盛り上がってるんでしょう?」と聞かれるのだが、私の印象としては、正直、めちゃくちゃ低迷中という印象。たしかに2020年春先の緊急事態宣言中は多くの新規登録者がいて、続々と「いいね!」が届いていたのだが、1か月もしたら彼らのアクセスはなくなり、夏前にまた登録者が増えたものの、夏すぎにはそのときの新規登録者たちも姿を消した。

婚活アプリはコロナ禍で“入れ食い!”と言われていたのは、最初の緊急事態宣言に入ったころの一瞬だけ……(笑)。

わかるよ。入会する前は1か月くらいでそこそこ出会えそうって思うものね。「1か月契約で、万が一、出会えなかったときに延長すると割高になるから、最初から3か月の契約をしておこう!」そんな気持ちで入会したものの、「いいね!」を送っても、まったくマッチングしない。会うどころかメッセージのやり取りすらできない。そのうちアクセスすることもなくなり、更新することなく解約……。そいういうことだろう。

マッチングアプリで会い、友人化した男性たちから聞くと、みな「いいなと思う女性がいないというわけではない。むしろ、いっぱいいるのに、ぜんぜんマッチングしない」と言う。持っているポイントすべて使って「いいね!」を送っても収穫ゼロ……。気軽にサクッと出会えて、すぐにデート三昧の毎日が訪れるはずだったのに!!とイメージと違ったことにご立腹して、さっさと辞めてしまうみたい。

私自身、登録したときには3か月もやれば十分!って思っていたのに、いま、まだこんな状態(失笑)。私の場合、3か月くらいメッセージのやり取りをしている中で何人かに厳選し、そのあと3か月くらい吟味すれば、半年で婚約できる!という算段だったんだけどなぁ~。

「いいね!」が来ないとか「会えない」ということはなかったけれど、正直な話、「いいな!と思うような人がそこまでいない」というのが本音。もともと外見やスペックで先入観を抱かないほうだが、それでも「いいな!」がそうそう見つからない。「よさそうなのでもうちょっと知りたいな」というくらいはいなくもないので、そのあたりとマッチングして話をしてみるが、とにかくメッセージが続かない。こっちはどんなつまらない相手でも続けようと試みるが、相手がアクセスしなくなる。

一生懸命やり取りしても、ふと連絡が途絶える……私に魅力が足りないせいか、ご意向に合わなかったのか、単にやりとりに飽きたのか、はたまた本命ができたのか……。最初はそう考えて、いつももやもやして「自分がダメなのかも……」と落ち込んだのだが、あるとき気づいた。この人たち、アクセスすらしていないってことに! 「退会するなら『辞める』って言ってほしいし、本命とうまくいきそうなら『本命ができた』って言ってほしい。イメージと違うと思ったら『ごめんなさい』って言ってくれなきゃ、もやもやしちゃうじゃない! 真剣にやりとりした相手として、マナーじゃないの!?」と婚活仲間の女性に言ったら、「そんなこと言う人いないよ! アプリでは、フェードアウトなんてあたりまえのこと。ちょっとやってみて、辞めちゃうって人はいっぱいいるのよ」と彼女。

とはいえ、やっぱり、それなりにやり取りしていた人が突然姿を消すのは切ない。「恋心があったのに!」ってわけじゃなくても……ね。

1 2