コラム アキ子、初対面の経営者男性からまさかの“すっぽかし”!?~その2~【婚活サバイバル】

私の婚活の主となっているのは婚活アプリ。2年ほどおつき合いして逆プロポーズまでした相手も婚活アプリで見つけたので、「いい人がまったくいない!」とは言わないが、なかなか「いいな!」と思える人と出会うことができないのは事実。はっきり言ってイヤな思いをすることのほうが多く、やめたいと思ったことは数知れず……。とくに「2021年、初対面で誕生日祝いと罵倒をくれた43歳・男性の話~その1~」でも書いた男性からのたび重なる脅しメッセージは思いのほか私に精神的ダメージを与え、人と会うことに恐怖さえ覚えるほどに。今度こそ本当に本当にアプリをやめようと思っていたのだが……。

ある男性の3年ぶりのメッセージで、その気持ちが変わった。その男性とは!?

ここまでの話はコチラ

51歳・経営者男性からの3年ぶりのメッセージ

ある男性とは、初めて登録した婚活アプリで、3年ほど前に1か月ほどメッセージをやりとりしていた51歳・経営者。男性からの「いいね!」でマッチングし、1か月ほどアプリ上でやりとりをしていたのだが、ちょっと盛り上がってきたあたりで、彼からこんなメールが届いた。

「アキ子さん、実はうまくいきそうな女性がいまして……」

突然連絡が途絶えたりフェードアウトしたりするのはもやもやしていたけれど、こうはっきり「ほかに本命がいましてそっちとうまくいったので」 「あなたはサブでした」 みたいに言われると、それはそれでショック。別に彼に対して好意が芽生えていたわけじゃないけどね……。もう、ふぅ~ん……って感じしかないよね。でも、こういうふうにはっきりと連絡を終わりにします、と言ってくれる方が親切。「私のなにがいけなかったのか?」「どのやりとりが不快にさせたのか?」ともやもやすることがないから。

なので、彼には大人の対応で「本命とうまくいきそうでよかったですね! がんばってください」と返信をしたところ、彼は、こう返してきた。「アキ子さんも早くいい人が見つかるといいですね! 影ながらこれからの幸せを祈って、応援しております」と。

正直、上っ面なやりとりかもしれないけど、気分がスッとした。しばらく無作法の人たちとばかりやり取りしていたのですっかり忘れていたけれど、こういうのが本来のコミュニケーションマナーよね! アプリとはいえ、こういう人もいるんだって思ったら、ちょっと救われた。そして、「やっぱ、こういう人は、本命とうまくいって、さっさと退会するわけね……」って納得した。

アプリを始めた当初は、やりとりが1か月以上続く人はそこそこいたが、最近はまったく会話を続けようとする人が少なくなった気が。

退会はしたものの、プロフィールは残っていた彼。すっかり彼のことなど忘れていたのだが、今年になり、急にメッセージが届いた。

「こんにちは!」

まぁ、無視していいやつだ。「あなたはサブでしたよ!」くらいのことを言われたのだからね。でも、たまたまだれともやりとりをしていない時期だったので、返事をしてみた。

「おかえりなさい(笑)」

すると彼は、「恥ずかしながら戻ってまいりました。また活動始めます」とのこと。例の本命さんとはその後おつきあいしたものの、コロナ禍ですれ違いが生じ、うまくいかなくなって別れたそう。

正直、彼と3年前にどんな会話をしていたかは覚えていないけれど( 一定期間、やりとりがないと履歴は消えてしまう)、コミュニケーションマナーがあったかたであることは記憶に残っている。なぜなら、こういうやりとりをしたのは、彼しかいなかったからだ。でも、古い友人と話しているかのような感じで、やりとりはスムーズ。普通に話をすることができる。ストレスフリー。やっぱりマナーのあるやりとりができる人って、話をしていても気持ちがいい。

こういう人と出会うことってそうそうない。ちょっと考えてみてもいいのかも?

そう思いながら、出戻りの彼とたわいないやりとりを10日ほどしていたときのこと。彼が「僕、明日、1人と会う約束をしました!」と報告をしてきた。

あぁ、やっぱり私、サブだったのか……(笑)!

1 2 3