コラム 婚活アプリのメッセージのやりとり、どのくらいの期間が正解⁉【婚活サバイバル・前編】

私、清葉アキ子は現在47歳、絶賛婚活中。見た目はキレイなお姉さん系。都内出身、四年制大学を卒業後、編集兼ライターの仕事をしています。38歳から始めた婚活で体験したこと、わかってきたことを堅実女子の皆さんにお伝えできればと思い、ここで紹介します。婚活は、まさしくサバイバルなのです……。

すぐに会いたがる人は“遊び目的”⁉ 

アプリでマッチングした人とはメッセージをじっくり2~3カ月間交わしてから会うことにしている私。自分から会いましょうとは言ったことはないが、すぐに「とにかく会おう」と言ってくる人には「もう少しやりとりしてからでもいいですか?」と伝えると、そういう人はたいてい即ブロックしてくる。 そういうやりとりを続けてきたおかげで “遊びでの体目的” みたいな人に遭遇することは、ほぼない(“遊び目的”の恋活の人なら時々遭遇するけれど……)。

「わかった!」と快諾していただきやりとり続ける人には、人間的にそう悪い人や問題があるような人はいない、というのが私の印象。ただ、こういうタイプほど、なかなか誘ってこない。 まぁ、1回断られたので誘うタイミングを計りかねているのだとは思うが、実際お会いすると、紳士的行動というよりは、女性慣れしていないことが多いかも……(笑)。

会うとすぐに「おつきあいしたい」と申し出てくださる方も多いが、そこまでの強引さはないので“危険な目”というほどのことは起こりにくい。 せいぜい、手をつながれるとか抱きつかれるとかのレベル。すぐに会いたがっていたのも、すぐに「おつきあいしたい」と言うのも、“遊びでの体目的”というより“とりあえず彼女がほしい”といった感覚なのかなと思われる。

すぐに会うのをお断りしてもメッセージのやりとりを続ける人は、たいていマメ。ただし、話の内容が面白いかどうかは別(笑)。

ちなみに、“すぐ”というほどすぐにではなく、数週間、それなりの頻度でやりとりをしてから「会いましょう」と言ってくる人は、意外と多い。以前の私はこのタイプも“遊びでの体目的” の可能性が高いと思い、いつもどおりに「もう少し~」と対応していたのだが、最近、このタイプはそれとはちょっと違うということに気づいた。

やりとりの期間で、相手を選別することができるのか⁉

“遊びでの体目的” の人の場合、会って“やる”ことが目的なので、必要最低限のやりとりで会うところまでもっていこうとする。だからメッセージのやりとりをちまちまやるような労力はかけないし、相手を呼び出すために、適当な言葉でほめてくることが多い。だから、数日から1週間程度で会う約束をとりつけられない人は対象外ってわけ! 手あたり次第に「いいね!」を送り、マッチングした相手には適当なメッセージを送って、即レスしてくる女性にターゲットを絞ってトントン拍子に会う約束をとりつけているのだろう。

その1週間程度しかやりとりしない男性と数週間程やりとりをする男性、違いを見極めるのが結構難しいのだが、私が最近気づいた違いはココ!

最初から褒めてこない!

そして

いきなりフランクに話してこない!

最初から「おキレイですね」と一言だけ送ってくる人の多くは、すぐに会いたがる傾向が高い。「おキレイな方とマッチングできてうれしいです。まずはお話から始めましょう」みたいな人は、話をしようとしている感じが多少あるが、「おキレイですね」しか送ってこない人からは、話をしようとする感じはしない。「女性なんて、可愛いとかキレイとか言ってほめておけば、いい気持ちになるだろう」とタカをくくっているのか? とりあえず「ありがとうございます。ちょっと写りがいいものを選びました(笑)」とか「プロにキレイに撮っていただいたので2割引きくらいでイメージしてくださいね(笑)」なんて返してみるが、次のメッセージでその“受け”はない。会話をしようとする人なら「背が高い女性がタイプなんですよ」とか「目がキツめな人がタイプなんです」とか、キャッチボールになるんだけどね。

それと、即レスでポンポンとノリよく会話をしてくる人も、すぐ会いたがる傾向が高い。数日のやりとりすらせず、数日以内に会う約束をその日のやりとりのなかでとりつけようとするから驚く。まるで会話をしているかのような即レスのリズム感やスピード感によるところもあるが、ほとんどの人がフランクな口調でのメッセージを送ってくる。おそらく、相手をすぐに打ち解けさせないとすぐに会うことはできないとわかっているのだろう。絶対に丁寧語で話してこないし、長々とした文章も送ってこない。いつもひと言だけ。

こちらがそのペースを中断すると、それだけでブロックする人もいて、手っ取り早く“遊びでの体目的”の異性を探している感、丸出し(笑)。まぁ、長々とやり取りした挙句、そういう輩に遭遇するといった危険も、時間を費やしたというムダもないだけ、いいけれど(笑)。

1 2