コラム 緊急事態宣言下、男性がマッチングアプリで求める女性とは⁉【婚活サバイバル・前編】

ちなみに私はお酒がほとんど飲めない。プロフィールの一番最初にもそう書いてある。お酒を飲みに行きたくないってことではないが、コミュニケーションを深める目的でなければお酒の場にはいかない。

ノンアルコールの場合、どんな場所でもどんなメンツでも、アルコールでハイになって楽しめる!ということはないのだから、 キャバ嬢みたいにお金をいただくわけじゃないのだし、よく知らない相手が単に“飲み相手”探しするのにつきあわされるのなんてまっぴらだ。 

お酒を飲みながらじっくり話すことは悪いと思わないけれど、それって、お酒というものが本音で語るためのサブアイテムである場合。アルコールが入ることでリラックスし、ほどよく饒舌になる感じくらいなら、ノンアルコールの私でも同じくらいのテンションで合わせられるし、一緒にその場やトークを楽しむことはできる。アルコールの代わりに、おいしいお食事があれば、ね。

でも、お酒飲むのが楽しい!が先にあって、“お酒を飲むこと”がメインになっちゃうと、それなりにちゃんとした会話はできないって思うのよね。どうでもいい話で終わっちゃう。

婚活という目的で会うからには相手のことを知ろう、自分を知ってもらおうとして会話をしたいのに、同じことを何度も話してこられても意味ないし、私に何度も同じ質問してくるとうんざりする。だから「お酒飲むのが唯一の楽しみ」みたいな人とは一緒に楽しめる気がしないし、なるべく避けてるんだけど……。

お酒を飲む人が悪いわけではない。目的が“お酒を飲むことではない”ことがわからないのが問題

ちなみに、「お酒飲んでも変わらないんだよね、俺」とか「めっちゃ飲むけど、記憶なくしたことないんだよね!」と自慢げに言うヤツに限って、超~シラフの私から見れば、ぜんぜんそんなことない! 言っていることが支離滅裂だったり、同じことを何度も言ったり、翌日にはすっかり忘れていたりする人、結構、多いんですよ(男性に限らずだけど)。

シラフの人間にしてみれば、こういうのにつき合うのって、単なる時間の無駄としか思えないの。しかもそういう人って、こっちに気を遣うことも一切しないってのは、あるある。

お酒を飲むこと自体が目的じゃない、とちゃんとわかっている人は、お酒がどんなに好きでも強くても、私といっしょのときにベロベロになるまで飲むことはないし、おいしい食事を楽しめたり、雰囲気が良かったりする店を選んでくれる。

酒の肴のようなものしかない安く大量にお酒が飲めるような店や、うるさくて会話が聞こえないような店など、お酒を飲まない私が楽しめない店を選ぶ人は、100%と言っていいくらい気遣いができない。それは飲みの場ではないときの会話や行動にも頻繁に出てくる。こういう人は、私には合わない。

私は、相手を思いやれる関係性を重視したいのだ。

どんな人とでも、どんな場所でも、お酒飲めば何となく楽しいってのは、飲んでいる人だけですから! 

お酒を飲もうが、意識をなくそうが、体調を崩そうが、肝臓を傷めようが、それはその人の勝手だし、飲むのが悪いというわけではない。飲む自分と飲まない私がどうやったら一緒に楽しめるのか、それを考えない、そして、お酒がコミュニケーションをとるためのツールでしかないと理解していないことが問題。

死語にもなりつつある“飲みニケーション”という風習だが、ただ一緒に“飲む”だけで無条件にお互い楽しめるとか、コミュニケーションが取れると思っているのは大間違いなのに!

緊急事態宣言下で、お酒を飲む楽しみを味わいたいという欲望を持て余している男性にとっては、目的なんかなく、とにかく 自分が楽しくお酒さえ飲めれば、相手は“だれでもいい”ってこと。“彼女”だの“婚活”だの“結婚”だのは、二の次、三の次、なんだな。

そういえば、お店で酒類提供していない今、「飲みに行こう!」って誘いができないけれど、こういうタイプの男性って、初回デートをどう誘っているんだろう……。

「『飲みに行こう』と言えない緊急事態宣言下、婚活のお誘いはどうなった⁉【婚活サバイバル・後編】」に続きます。

1 2

プロフィール

清葉 アキ子

1974年生まれ。大学卒業後、出版社に勤務。その後、独立して、ファッション誌の編集ライターに。子どものころから占いをすれば必ず26歳で結婚!と出ていたので何も考えず26歳まで生きていたけれど何も起きず、誤差もあるだろうと28歳くらいまで悠長に暮らしていたが、誤差ではないとようやく自覚。大好きな仕事で充実した毎日を過ごしているものの、仕事が大好きすぎて彼より仕事を選んでしまうことが恋愛敗北者になる原因のひとつ。仕事で数多くの恋愛企画、婚活企画を担当していることで、知識だけは豊富になる一方。基本的に真面目で考えすぎる傾向にあり、ノリや雰囲気にのまれにくいタイプ。