コラム 婚活アプリのプロフをちょっと変えただけで、「いいね!」をくれる男性層が激変…【婚活サバイバル・後編】

数か月に1回ペースで、映画を見たり展示会に行ったりしている大学時代からの男友だちがいるのだが、その彼が、最近、「温泉に行こう!」と誘ってくる。

「温泉に行きたいな~」と例の男友だちの前でつぶやいたのが発端ではあるのだが…。日帰り温泉ドライブのみならず、旅行の話まで出てきた! コロナ禍のせいで、ちょっと遠くにお出かけしたいだけなのか? それとも…!?

「25年来の男友だちとの関係に異変アリ!?【婚活サバイバル・前編】」をご覧ください。

「温泉好き」の女性を温泉旅行に誘いたい男性たちの本音

温泉と言えば…

少し前まで、婚活アプリのプロフィールに、「旅行が好き。国内なら温泉、海外なら世界遺産巡りが多い」と書いていたのだが、少し前にそこを変えた。なぜなら、マッチング直後に「温泉が好きって書いてあったね」という話になり、会ってもいないうちから、「一緒に温泉旅行に行きましょう」と言ってくる人が多かったからだ。

「早く仲よくなって」という前提がついているなら、まだ、マシなほう。初回に「温泉ドライブデートをしよう」と誘ってくる人もいれば、2回目のデートで温泉旅行(お泊りアリ)に誘ってくる人もいる。

男性に話を聞くと、「下心で温泉に誘っているわけではない」とだれもが口をそろえて言う。

温泉旅行に行きたくても、複数名で行くとなると人を集めるのが面倒。男性2人だと怪しまれる。…となると、カップルで行くしかない。温泉旅行に行きたきゃ彼女を作るしかないし、彼女ができたら真っ先に温泉に行きたいそうだ。「女性と行きたいところ=温泉旅行」とずっと思っているせいか、ちょっといい感じの女性がいると、彼女になるまで待ちきれず、温泉に行きたくなってしまうらしい(笑)。「アクティブなデートと違ってゆったりとできるし、時間もいっぱいあるからいろんな話もできる」とかいうあとづけのような理由を言う人もいる。

相当仲よくなってからじゃないと、ドライブだけでも行きませんけど…。

下心がないなら、温泉と食事を純粋に楽しむだけで、本当にいいのね?

そう彼らに聞くと、「いやいや~、それをきっかけに恋人になれたらいいけれど…」「だって食事とかだけじゃ、相手のことはわからないじゃない?」とニヤつきながら言うのも、共通(笑)。

ぶっちゃけ、相手を見ることより、カップルデートの疑似体験をしたいという願望をかなえることのほうが大事!!と思っているのが丸バレ! 下心だけとは言わないが、下心がまったくない、ってことはないわよね~。

1 2