コラム アラフィフ女性が、いつも3回目デートで終わってしまう謎。【婚活サバイバル】

私、清葉アキ子は現在47歳、絶賛婚活中。見た目はキレイなお姉さん系。都内出身、四年制大学を卒業後、編集兼ライターの仕事をしています。38歳から始めた婚活で体験したこと、わかってきたことをSuits woman読者の皆さんにお伝えできればと思い、ここで紹介します。婚活は、まさしくサバイバルなのです…。

癒し系の女性に集まるのは〇〇な男性…

先日、同世代の婚活女性と久々に会った。このコロナ禍の中、やはり、婚活は停滞気味。とはいえ、私よりはリアルに会っている! マッチングアプリでの「いいね!」の数は私より少ないが、「いいね!」を送ってくれる男性は同世代がほとんど(最近の私は、ひと回り以上年上の人ばかりなんですけど~っ!!)。そんなこんなで、マッチング率も高い。

その彼女、リアルに会うことはできるし、その後、デートにも進展するのだが、マッチングアプリで知り合った人とは、おつきあいまで至ったことがないという。

つい最近、マッチングして数日メッセージのやりとりをして、会うことになった男性とは、3回目のデートで終了。たいてい、3回目のデートで終わると言う。それは彼女から離れることもあるが、向こうから連絡を絶たれることもある。50:50くらいの割合らしい。

マッチングアプリの場合、初回の面会で「アリ」か「ナシ」かの決断をする人が多いため、2回目のデートにこぎつけるのが難しいと言われている。その2回目のデートは難なくアポイントされるのに、なぜ、3回目で終わってしまうのか!?

彼女自身、「謎…」とぼやく。

彼女の見た目は、親しみ感のある癒し系。プロフィール写真を見ても、実物どおり。写真に偽りはなし。「私に『いいね!』を送ってくるのは、ほとんどが草食系っていうか、内気なタイプなのよね~(笑)」と彼女。「いいね!」をくれた人リストを見せてもらったが、たしかに…。私の“オラオラ系づくし”がズラリと並ぶリストとは大違いだ~っ!!

私が“オラオラ系”に罵声を浴びせられた話をすると、彼女は、そういう男性にはそうめったに会わないとか(同じアプリを使っているのに!)。ただ、彼女が「会いましょう」と言わないと、進展しないような相手ばかりだと言う。メッセージも受け身。デートも受け身。お誘いするのも、お店を決めるのも、待ち合わせ場所を決めるのも、彼女…。

あまりにも乗り気を感じられない対応に「私が微妙だったのか?」と思っていると、初回のデートのあと、メッセージは来るらしい。でも、また2回目のお誘いがあるわけではなく、彼女がお誘いすることになるらしい…。しないままでいると、どうでもいい話が永遠と続くだけらしい。

2回目デートも初回同様に彼女の仕切り。それでもメッセージは続く。そして3回目のデート。2回目のデートのあたりから、彼女が「今度はあなたの好きな行きたいお店に連れて行ってほしいな」とか「好き嫌いはないから、メニュー決めるのはお任せしちゃお~♪」と相手に甘えるような感じでお任せしようとするのだが、やっぱり3回目も同様。彼女の好みや出方を探っているというわけではなく、完全に受け身のタイプって感じ。

どうでもいい上っ面なメッセージをどんなにやりとりしても、進展はしないんですけど…。
1 2