コラム アラサーの婚活、なにから始めるべき?【婚活サバイバル・前編】

私、清葉アキ子は現在48歳、絶賛婚活中。見た目はキレイなお姉さん系、都内出身、四年制大学を卒業後、編集兼ライターの仕事をしています。38歳から始めた婚活で体験したこと、わかってきたことを堅実女子の皆さんにお伝えできればと思い、ここで紹介します。婚活は、まさしくサバイバルなのです…。

アプリってどうですか?

「婚活を始めようと思うのだけど…」と31歳女性から相談された。20代後半からまわりが続々と結婚していき、とうとう同級生のなかで独身の人は自分以外いなくなったという。

彼女の同級生は、学生時代からつき合っていた彼、もしくは就職してから知り合った男性と結婚をかなえた人がほとんど…。

「アプリってどうですか?」と聞かれたので、即座に「経済的に余裕があるなら、絶対に絶対に、結婚相談所に入るべき!」と答えた。アラサー向けの女性ファッション誌で婚活関連の特集をかなり作ってきたけれど、結婚相談所が、結婚を決めるためのいちばんの近道なのだというのが私の結論。

私は過去に成婚率全国No.1のカリスマ仲人がいる結婚相談所に入会したものの、1人ともお見合いをせず退会をした経験がある。そして、昨年、入会はしたものの、まだ1人ともお見合いをせずにいる(というか、写真撮影もしていないし、プロフィール文も提出していない…必要書類がそろわないと月会費が発生しないからといって、あと回しにしすぎだ…(失笑))。

それでも、スピーディに結婚したいなら、結婚相談所が絶対に絶対にオススメ。

「え⁉ でも、アキ子さん、アプリで婚活していますよね?」と彼女。

そうそう、この5年、私の婚活はマッチングアプリがメインになっている。新型コロナの感染対策で実際に会う人を減らしたいと思っているのもあるが、それは昨年結婚相談所に入会したもののなにもせず放置していることの言い訳。会社員のように休日が決まっているならお見合いの予定を入れやすいが、フリーのエディター・ライターの私は、土日に撮影や取材が入ることもあるし、仕事が押してしまって土日に缶詰めで原稿を書かねばいけないことも多い。以前よりはだいぶ減ったが、原稿執筆や撮影の準備、デザインのあれこれなどで徹夜することもたまにある。そうなると、先々の土日に予定を入れられるのはとても困るのだ。

(結婚相談所に入会すると、先々までお見合いの予定が決められ、もしキャンセルすると違反金が発生したり、しばらくお見合いを組んでもらえなくなったりする。お見合いがたくさん決まったら、毎週末や平日夜はお見合いの予定でいっぱいになるらしい…。もちろん、たくさん決まったら、の話だけど(笑))

その点、アプリなら、メッセージのやりとりである程度ふるいにかけられるし、実際に会うとなっても、自分の都合が見えた時点での調整が可能。最悪、リスケもお願いできる。男性はとりあえず顔とフィーリングを確認したいだけらしいので(笑)、1時間弱のお茶でいいから仕事の都合をつけられるところで会えばいいだけ。

メッセージのやりとりはたしかに面倒だし時間はとられるが、いまは、以前ほどそこに長い時間を費やしていないし、移動中や食事中など空き時間をその時間に充てればいい。以前は毎晩1時間やり取り続けていた人も多くいたが、いまはそこまでがっつりやりとりする前に、相手が(アプリから)いなくなる(笑)。なにより、無料でできるというのはありがたいシステムだ。

1 2