コラム 34歳。いま最優先すべきは、仕事か? 婚活か?【婚活サバイバル・前編】

私、清葉アキ子は現在48歳、絶賛婚活中。見た目はキレイなお姉さん系、都内出身、四年制大学を卒業後、編集兼ライターの仕事をしています。38歳から始めた婚活で体験したこと、わかってきたことを堅実女子の皆さんにお伝えできればと思い、ここで紹介します。婚活は、まさしくサバイバルなのです…。

まるで昭和!? 結婚相談所で迫られた[2択]

「いま、同期の女性がみんな育休に入ってしまっていて、同じように仕事をできる私が頑張らなくちゃいけなくて、婚活どころじゃないんです…」と、ある34歳女性から相談を受けた。

すごくよくわかる。私自身、長年希望していた編集職にやっと着いたのが27歳のとき。早く実力をつけたいと思って最初の半年間は1日も休みなく働き、その後、数年間も、休めそうなときも先輩の撮影のアシスタントとして入ってって勉強させていただいたり、仕事がらみのリサーチとして街を歩き回ったりしていた。1年で取れた休みと言えば、夏休みの5日間と年末年始の数日のみ。がむしゃらに仕事をする毎日…ふと気づいたときには30代に突入していた。

30歳を超えて独身でいることを気にもせずそのまま働き続けていたところ、まわりの女性たちが続々と結婚し、早々に産休・育休を取り始めた。人が足りないという状況でますます仕事は増えていく。「一時的なものだから…」と育休明けにまた一緒に働けるようにと頑張っていたのだが、「今度は私が…」「実は2人目が…」と常にだれかが休みに入って、私自身の仕事は忙しい状態がスタンダードになっていた。

32歳ころには責任ある役職になり、部下の指導やチェックなどもしなくてはならず、もはや休みどころか寝る暇さえなくなってしまい、帰る時間もなく、会社に泊まり込みの状態が続いているなかでも、なんとか彼氏と続いていたのは、海外赴任だったおかげ(笑)。深夜に食事をしながら電話をしたり、たまの休みに電話で話をしたりして、何年か続いていたものの、それもだんだん負担に感じてしまい、終わらせてしまった。

その後、人の紹介などで何人かとおつきあいしたものの、「あまり会えない」という理由で振られてしまい…このままではいかん!と一念発起して、取材した中で最もピンときた某結婚相談所に入会をした。

その結婚相談所でこの話をしたところ、カリスマ仲人の女性から、強い口調で「結婚と仕事、どっちが大事って思っているの?」と質問された。

「結婚!」と言いたいのだが、いろいろなものを犠牲にしてやっと得た「仕事」とそのポジションは捨てられない。かといって、いまの「仕事」をラクにして「婚活」のための時間を作るという選択肢はない…。「どっちかなんて、選べません…」と言うと、カリスマ仲人はあきれたような顔で私を見て、こう言った。

「迷う必要なんてない! どう考えても『結婚』なの!!」。

「仕事」か「結婚」か迫られるって…。「結婚退社」が当たり前だった昭和の時代じゃないのに!?
1 2