コラム 【婚活サバイバル】婚活のプロたちから現実を知らされる……私、結婚できないかもしれない!?~その2~

30代の女性は余っている!?そして男性は結婚する気がなくなっている!?婚活のプロから聞いた衝撃の事実。さらに独身女性に追い打ちをかける世界的な不況……。

世界的な不況が招く、自分だけでいっぱいいっぱい状態

リーマンショック以降、世界的に景気が悪化し低迷していることで、男性自身が、自分の生活をすることだけでいっぱいいっぱいになっているのも事実。大手企業に勤務しているからと言って安心できない世の中だ。
結婚して子どもが生まれて家庭を持った、そのときにリストラされてしまったとしたら……責任を負いたくないし、家庭や家族を守れる自信がないという男性が増えても致し方ない。もし男性に結婚願望があっても、妻を専業主婦にして養っていけるほどの収入がないので「結婚したいなんて言えない」という人も!
もはや、「俺がお前を守る! お前を幸せにしてやる!!」なんていうプロポーズのフレーズは、自分に自信がある一部の富裕層の男性しか口にしてはいけない時代なのだ。

 独身男性はどこへ消えた!?

そうはいっても、独身男性はまだまだいるはず!その人たちはどこに消えたのか!? 
その答えは、取材の中で体験した、ある結婚相談所のマッチングサービスのシミュレーションから見つかった。年齢や体格、性格、趣味など自身のデータを入力し、理想の相手のデータも少し妥協しながら入力して検索をしたら、データ上でマッチングする人は莫大な数を表した。「私、まだまだいけるじゃん!」と浮かれたのはつかの間。
リストアップされた方を詳しく見ていくと、32歳の私を求めている男性のほとんどは40代半ば以降、ひと回り以上年上だ。最高齢は70代の年金暮らし。年収や身長、体格、仕事内容などはそこまで理想がなかったが、年が近い30代の男性はほとんどいないのだ。その中に好(高)スペックとなると皆無に等しい。

「30代独身女性は『ここまで結婚を待ったからにはいい条件の男性を捕まえたい!』と思いますよね?
でも、男性の30代独身男性も同様に『金も稼ぐようになってきたのだから、条件がいいはずなので若い女性と結婚したい』と思っているわけです。つまり、同世代の30代の男性は20代女性に流れるわけです」とアドバイザーさん。
実際、40代の男性も、50代男性も、若くて可愛い20代と結婚したい……それが本音!男性の場合、年齢を重ねても、収入や職業、ルックスなどなど高スペックであれば付加価値になるが、女性の場合、年齢を重ねれば市場は狭まっていく一方なのだと思い知らされた。そうよね、同級生たちはみんな20代の若くて可愛い子と結婚してるもの! 

独身30代は1日でも早く婚活すべき!

1 2