【婚活サバイバル】アラフォー婚活女の「はじめてのガチお見合い」~その2~

【婚活サバイバル】アラフォー婚活女の「はじめてのガチお見合い」~その2~

清葉アキ子、現在43歳婚活中。今回は34歳のときに経験したお見合い体験を皆さんにお伝えしています。~その1~はコチラ

☆☆☆

初めてのお見合いの相手は、同い年の男性。趣味が自作パソコンというだけあり、期待通りの秋葉原ファッションで登場!それでも先入観を持たずに話を始めるけれど、相手は聞かれたことにこたえるだけ。話は広がらない。

「パソコンご自身で作られるんですよね、私パソコンとか得意じゃないんですよー(実は女性の割にはわかるほう)」「作りますね(以上)」、
「嫌いな食べ物とかないんですか?」「ないですね(以上)」、
「休日は何されていらっしゃるんですか?」「家か秋葉原にいます」……あぁ、私、仕事でインタビューの仕事をしていてよかった(笑)。無口な女優さんやタレントさん相手に、話を引き出す訓練は、むしろこのためだったのかもしれない……。

ほぼ外食のない生活を送るお見合い相手

こんな彼だが、唯一、ラリーが続いたのが、焼き肉の話。「先日、送別会でおいしい焼き肉屋さんに行ったんですよ、写真見せますね」といって携帯を取り出して写真を見せてくれた。20数枚の網の上の肉……そんなに写真を撮るほどでもない普通の焼肉だ。聞けば、安いので有名な全国チェーン店だという。それを感動して上気した顔で意気揚々と話している彼。

よくよく話を聞けば、仕事のあとに飲みに行くということはほとんどなく、年に数回の歓送迎会の時のみ。あとはまっすぐ自宅に帰って母親の用意した夕飯を食べているのだとか。ちなみに昼は毎日社食。外食なだけでテンションがここまで上がる人、私の周りにいないうえ、仕事でおいしい店を取材することが多い私にとっては、なんか、世界が違う……と思ってしまった。

外食慣れしていないから、予約をする、いいお店を探しておくという頭もなかったんだな……と思っていたら、焼き肉を映し出していた彼の携帯が鳴った。土曜の11時半にかかってきた電話に、「もういますけど!」と不機嫌な態度をとっている。まさか、心配した母親か⁉と思ったら、なんと今いる店の方。つまり、予約したのに、席に案内もされないで勝手に奥まで入って行って座って注文していたので、予約客が来ないことを心配して電話をしてきたらしいのだ。私、タクシー運転手や店員に横柄な態度や冷たい態度をする人が大嫌いで……。それも引っかかったけど、ほんとに予約して食事したことないんだな、としみじみと思ってしまった。

案の定、彼が張り切りすぎて頼みすぎたので、残しまくって店を出た。もう、私のトークの引き出しは8割ほど片付いてしまっている状態なので、一刻も早く帰りたい気持ちでいっぱいだった。残り2割はきっとすぐに枯渇してしまうだろう……。そう思っていたら、「ららぽーとで一緒にお買い物しましょう!残ったお金で何か買ってあげます」と彼。

この人、いったい何を考えているんだろう???

1 2
レシピ 恋愛 婚活 結婚 浮気事件簿 iPhone 派遣女子 金運 恋愛講座 アプリ アラフォー 派遣 アラサー 美人探偵 ダイエット 仕事 占い 時短 CITRUS 貧困女子
  • 賢人人気ランキング

    人気記事ランキング

    Specialコンテンツ

    Information

    シャアしてね!