コラム 【婚活サバイバル】アラフォー婚活女、婚活のプロから聞いた「結婚できない女」~その1~

私、清葉アキ子は現在43歳、絶賛婚活中。見た目はキレイなお姉さん系、都内出身、四年制大学を卒業後、編集兼ライターの仕事をしています。38歳から始めた婚活で体験したこと、わかってきたことを堅実女子の皆さんにお伝えできればと思い、ここで紹介します。婚活は、まさしくサバイバルなのです……。

No.1 アラフォーだって結婚したい!なぜ私が婚活を始めるに至ったか はコチラ
No.2 婚活のプロたちから現実を知らされる……私、結婚できないかもしれない!? はコチラ
No.3   アラフォー婚活女が考える、お見合いパーティーのサバイバル法 はコチラ
No.4 アラフォー婚活女、恋愛低体温なので簡単に好きになれない問題 はコチラ
No.5 アラフォー婚活女の「はじめてのガチお見合い」 はコチラ
N
o.6  アラフォー婚活女の「ガチお見合い・市議会議員編」はコチラ

☆☆☆

婚活のプロが語る「結婚できない女」の共通点

30歳を過ぎたころ、元上司がアラサーをターゲットにした女性誌を立ち上げるというのでその編集部で働き始めた。読者は20代後半から自分と同い年のキラキラ女子。そのころはモテブームが絶頂を迎え、その流れで婚活がブームとなりつつあるときだった。

婚活という言葉が世の中に広まり始めたころは負け犬女子の遠吠え感があったが、ブームとなるころには、モテの延長のような感覚や女子力アップの要素も含んだものとなっていた。結婚できない女性の悪あがき、ではなく、より理想に近い男性と結婚するための手段、という感じ。だから、非モテ女子というより、女性から見て素敵と思う女性や可愛いと思う女性など、モテそうな女性ほど婚活に興味を持っていたように思う。

そんな時代、かつ読者がアラサーということで、十数年間で数えきれないほどの恋愛や結婚、婚活に関する記事を作ってきた。理想の相手と結婚することを望むキラキラ女子はもちろん、同世代の男性、電撃結婚&お見合い結婚した方、などリアルな話を死ぬほど聞いた。それと同時に、結婚相談所の所長、日本一の仲人、マッチングサイトのアドバイザー、婚活関連書籍の著者、動物行動学の学者、恋愛アドバイザーなどなど、いわゆる婚活のプロたちの意見を伺う機会も多々あったし、関連書籍を何十冊も読んだ。目線や立場が違うものの、婚活のプロが言う「結婚できない女」には共通点があった。

「結婚できない女」の筆頭に上がったのが「自分の価値をわからない人」。プロたちが最悪というのが、若いころにモテていて、歴代彼氏もいい条件の男性たちばかりという女性。こういう女性は3040代になっても可愛らしかったり美人だったりする。でも、それは年齢の割にはという話。男性たちは年増の美人よりも、若い普通の女性を選ぶという。かつてモテた見た目に自信がある人ほど、自分の年齢というものを受け入れず、自分自身の価値を高く見積もり、高評価しているそう。だからこそ、学歴、収入、見た目など、男性に求める条件もかなり高く、それを絶対に崩さないという。「それなりに見た目がいいし、すごい人と付き合っていたこの私が婚活しているのだから、最高の男性と出会えて当然でしょ!?」という態度がいつまでも続いて自分自身の価値に気づかない女性は、一生結婚が無理でしょうとほとんどのプロがさじをなげていた。

1 2