コラム 【婚活サバイバル】アラフォー婚活女、「1度会っただけで終わってしまう人」の共通点を知る~その1~

私、清葉アキ子は現在43歳、絶賛婚活中。見た目はキレイなお姉さん系、都内出身、四年制大学を卒業後、編集兼ライターの仕事をしています。38歳から始めた婚活で体験したこと、わかってきたことを堅実女子の皆さんにお伝えできればと思い、ここで紹介します。婚活は、まさしくサバイバルなのです……。

No.1 アラフォーだって結婚したい!なぜ私が婚活を始めるに至ったか はコチラ
No.2 婚活のプロたちから現実を知らされる……私、結婚できないかもしれない!? はコチラ
No.3   アラフォー婚活女が考える、お見合いパーティーのサバイバル法 はコチラ
No.4 アラフォー婚活女、恋愛低体温なので簡単に好きになれない問題 はコチラ
No.5 アラフォー婚活女の「はじめてのガチお見合い」 はコチラ
N
o.6  アラフォー婚活女の「ガチお見合い・市議会議員編」はコチラ
No.7 アラフォー婚活女、婚活のプロから聞いた「結婚できない女」 はコチラ

☆☆☆

婚活の初戦を突破できない女性たち

結婚相談所や結婚情報サービス、仲人によるお見合い(面会)は、初対面が勝負!会う前に顔やスペックは分かっている場合が多いけれど、フィーリングは実際に会ってみないとわからない。声、会話のテンションやリズムなどもそのひとつだ。初対面の印象の良し悪しによって、2回目、もしくはその先につながるかどうかが変わってくる。つまり、初対面は、“会話オーディション”でもある。

仲人や結婚相談所などで紹介された人と会う(お見合いや面会という)ことになった場合、会ったあと、「相手の印象がどうだったか?」という報告とともに「もう一度会いたいか?」「交際をしたいか?」という決断を迫られる。ここで双方とも「もう一度会いたい」という意向であれば、いわゆる“お付き合い”が始まる。つまり、2回目があるということ!2回目がなければ、3回目もないし、結婚もない……。まずは、初戦突破=2回戦進出が目標だ。

そんな中、写真やスペックなど書類上では大人気の女性なのに、なぜか、毎度2回目につながらない女性というのがいるそうだ。仲人たちに聞くと、そういう女性たちには2つの共通点があるそう。

それが、「自分の価値をわかっていない人」の次に結婚のプロたちの手を焼くという、「男性と張り合ってしまう女性」

男性と一緒に働いてきた女性たちは、経験も豊富で知識も豊富。人脈も多く持ち、30歳も過ぎれば、自分自身に自信もプライドも持っている。そんな女性の中には、男性との会話でも「それ知ってる!」「私なんてこうよ!」と張り合ってしまう人が多いのだそう。

男性が「社員旅行でローマに行ったんだけど……」と言えば、「私も3年前に行ったー!ローマを含めて4都市回ったの」と返す。「昨日、同僚と行ったイタリアンがとてもおいしくて素敵な店だったんだ」と言えば、「あー、そこ行ったことある!でも、そこより素敵でおいしいお店があってね……」と返す。「仕事でこういうことをやってるんだけど」と言えば、「私も昔その仕事してたー!!」と返す。

男性も女性も同調や共感は距離を縮めることになるし、会話が広がって盛り上がれば楽しかった印象になる。しかしこれらは会話を広げているように見えるが、実はことごとく男性の会話を上からつぶしにかかっている。まさに“会話マウンティング女子”だ!

女性に比べて話をするのが得意ではない男性も多く、しかも相手のことをまだ何も知らない初対面の場合、女性が好みそうな話を一生懸命選んでいるだろう。それなのに、女性側がそういう発言をしてしまっては、いい気持ちがしないし、ましてや好印象を抱くわけがない。

1 2