コラム 【婚活サバイバル】アラフォー婚活女、やっぱり、人は見た目が100%!?~その1~

私、清葉アキ子は現在43歳、絶賛婚活中。見た目はキレイなお姉さん系、都内出身、四年制大学を卒業後、編集兼ライターの仕事をしています。38歳から始めた婚活で体験したこと、わかってきたことを堅実女子の皆さんにお伝えできればと思い、ここで紹介します。婚活は、まさしくサバイバルなのです……。

No.1 アラフォーだって結婚したい!なぜ私が婚活を始めるに至ったか はコチラ
No.2 婚活のプロたちから現実を知らされる……私、結婚できないかもしれない!? はコチラ
No.3   アラフォー婚活女が考える、お見合いパーティーのサバイバル法 はコチラ
No.4 アラフォー婚活女、恋愛低体温なので簡単に好きになれない問題 はコチラ
No.5 アラフォー婚活女の「はじめてのガチお見合い」 はコチラ
N
o.6  アラフォー婚活女の「ガチお見合い・市議会議員編」はコチラ
No.7 アラフォー婚活女、婚活のプロから聞いた「結婚できない女」 はコチラ
No.8 アラフォー婚活女、「1度会っただけで終わってしまう人」の共通点を知る はコチラ

☆☆☆

30代も半ばを超えたあるとき、東京・青山で開催された男性100人対女性100人の大型婚活パーティーに友人女性10人と出かけた。同行者は、キャラクターはみな違えども、スタイリストやメイク、ファッションエディターに美容ライターなど、基本的におしゃれに気を遣う30代ばかりだ。男性は一流企業に勤めているか、年収が600万円以上限定で、受付で社員証や年収のわかるものを提示する必要があるので基本的にはごまかせない。女性は20代から40代まで、職業や年収など問われず、未成年ではないことがわかるものを提示するだけだ。

アラサー向けの女性誌で数々のモテの企画を担当してきた10人の女性たちは、脳内ではそのセオリーを熟知しているものの、アラサーをとうに越え、そもそもモテキャラでもない自分たちがどういうファッションをすればいいのか……2週間前から相談を重ね、ハデ過ぎず、盛りすぎない、普段からさりげなくステキだと思わせるような、頑張りすぎない女性を演出することに決定!駅で待ち合わせた10人は、なんだかんだ言いながら、設定テーマに寄せたファッション&ヘアメイクで登場。現場での印象より、ずっとずっとフェミニンで品がある印象だった。

会場に入ると、そこは飲み物しかない立食パーティーのようで、広い会場に合計200人が放たれている。このパーティーは、基本的に気になる人に声をかけてフリートークをするというもの。5分ごとにチーンというチャイムが鳴るだけで、1人と5分ずつ話してくださいというもの。つまり、人気がある人の前にはずらーっとトークしたいと思っている異性が行列を成し、5分経過のチャイムが鳴ったら、次の人にトークの時間が廻って来るのだ。もっと話したいと思ったら、また行列の後ろに並ぶしかない。

1 2