コラム 【婚活サバイバル】アラフォー婚活女、やっぱり、人は見た目が100%!?~その2~

清葉アキ子、現在43歳婚活中。今回は婚活パーティーで勝つ女性について、探っています。~その1~はコチラ

☆☆☆

男女100人ずつの婚活パーティーに参加した、私と9人の婚活女子。私たちが見た、婚活パーティーで勝つ女とは?

華美なものは何一つ身に着けていないのに、大勢の中でただものとは思えないほど華やかオーラをバンバンに放っているのは何だろう……

そうだ!立ち方と笑顔だ!!

片脚を後ろに引き、背筋を伸ばし、肩甲骨を寄せて頭頂部を上から引っ張られているような立ち方……大学生のときにちょっとだけキャンペーンガールのバイトをやっていたが、その時に教わった立ち方だ!!あの笑顔だって見覚えある。「ウイスキー」と伸ばしながら唇を軽く閉じた口角の上がった感じ。本当に笑顔なら目は細くなってしまうものだが、この方法は目の大きさが全く変わらない。これもそのとき叩き込まれた笑顔の作り方だ。間違いなく彼女たちは、見せ方を教わっているプロに違いない。

メイクはナチュラル、服はパステル

でも、話をしないと始まらない婚活という意味では、こういう大勢の中でいかに異性の目を惹く存在になるか、が最も重要。さりげなすぎては目に留まらないし、もちろん、壁の華になっていては、単なるインテリアで終わってしまうのだ。まずは存在を認めてもらわなければいけないからだ。好みかどうか、はその先の話である。そういった意味では、彼女たちは最高の婚活女子の見本である。おしゃれすぎず、派手すぎず、女性らしい可愛らしさのあるファッションとヘアメイク。髪はハーフアップ、メイクはナチュラル、服の色はパステル……ドベタすぎておしゃれ好きにはむずがゆくなりそうな見た目だが、むしろこの感じこそ、男性陣の安心感を誘うのだ。

数々のお見合いをまとめてきたとある結婚相談所の女社長が言っていた。婚活の世界で第一印象を決めるときのファッションは、オフィスやビジネスを思わせるグレー、ネイビ―、黒は絶対にダメ!と。ビジネス感がある女性を求めるなら会社や取引先などの中から選べばいいが、婚活をしている男性のほとんどは家庭的な女性を求めているのだからオフィス感のないファッションにすべき、という理由からだ。つまり、婚活の場では、オフィスではなじみのない色のものを選ぶべきだそう。明るい色……中でもパステルは、女性らしさと可愛らしさ、品のよさと柔らかさがアピールできるという意味でベスト。ジャケットよりはカーディガン、パンツよりはスカートのほうが女性らしさとプライベート感を感じさせることができるので、その女社長は会員の女性たちに、上品なひざ丈のワンピースにカーディガンを羽織るように指導しているそう。

ちなみに、ヘアメイク。濃いメイクは男性に倦厭されるが、メイク感がないのはもっと印象が悪いという。「相手の男性がお見合いやデートに、適当な感じで来たら嫌でしょ?好印象持たれようと少しおしゃれしてきてくれたらうれしいじゃない。その餅は男性も同じ。男性はただでさえファッションやメイクなどに疎いのだから、ある程度メイクやファッションなどを気合入れてきた感出さないと気づかないんですよ。だから、ナチュラルすぎるとかすっぴんとかはあり得ないです。自分のキャラクターと違うまでのメイクをする必要はないけれど、ある程度、おしゃれしてきた感が出るくらいはやっていくべきです!頑張ってくれたという印象が、ごちそうをしてあげたいという気持や、いつかすっぴんが見たいという気持ちを起こさせたりするものなんです」と女社長。

そして総仕上げは、先ほどのプロの女性達とまではいかなくても、よい姿勢と笑顔を心掛けることでしょうね。オーラを放つだけではなく、笑顔は話しかけやすい印象も与えますから!

1 2