コラム 【婚活サバイバル】アラフォー婚活女が考える、アラフォーがネット婚活はじめるなら~その1~

私、清葉アキ子は現在43歳、絶賛婚活中。見た目はキレイなお姉さん系、都内出身、四年制大学を卒業後、編集兼ライターの仕事をしています。38歳から始めた婚活で体験したこと、わかってきたことを堅実女子の皆さんにお伝えできればと思い、ここで紹介します。婚活は、まさしくサバイバルなのです……。

これまでのサバイバルマップはコチラ

40代には出会いがない!

あと数か月で43歳になろうという42歳の冬、知り合いの女社長の勧めで「婚活サイト」に登録した。

女性誌の現場は、ほとんど女性。2030代前半には合コンや友だちの紹介での出会いもそれなりにあったが、31歳を過ぎたあたりから合コンをセッティングしていた友人たちがどんどん結婚して合コンメンバーから離脱。そのせいで同世代やちょっと年上の男性が参加する合コンが激減した。それでも職場の後輩たちが誘ってくれたおかげで合コンはたまに参加できたが、年齢が若い人ばかりで30代女性なんてお呼びじゃない感じだったり、年上がいると思えば既婚者が多く紛れ込んでいるという、単なる初対面の男女混合飲み会のようなものだったりして、出会いの場というには異なるものになっていた。その後輩たちも続々と30歳を前に結婚し、私が33歳になったころには、全くと言っていいほど合コンのお誘いがなくなってしまった。

ちょうどそのころ、某雑誌のデスクという仕事も任されるようになったうえ、フリーエディター・ライターの仕事がどんどんと舞い込んできて忙しくなり、さらに女子会ブーム絶頂期だったこともあり、楽しく充実した日々を送っているうちに、合コンという言葉は脳の隅っこのほうに追いやられていた。このころ、仕事仲間の女性たちとお見合いパーティには行っていたけれど、そこでの出会いはほとんど後に続くものではなかった。

続々と耳にする「婚活サイト」で結婚できた女たち

婚活ブーム全盛期を過ぎたあたりから「婚活サイト」で出会って結婚した知人の知人の話も多く耳にするようになっていたなかで、50歳を目前にした仲のいいエディター・ライター仲間が「婚活サイト」での婚活を始めた。

ときを同じくして、部下だった20代前半の女子も「婚活サイト」で彼氏探しを始め、すぐに彼氏ができた。昔の同僚である同い年の友人も、「婚活サイト」で知り合った彼と3年の同棲を経て、ようやく結婚した。懇意にしていた30代後半のモデル事務所のマネージャーも、「婚活サイト」で知り合った6つ年下の彼と1年もせずに結婚し、すぐに妊娠した。以前は婚活の企画内に取り上げる「婚活サイト」で結婚に至った成功例を探すのは至難の業だったが、このころから苦労せず見つけることができるようになっていた。

成功例を多々耳にしてしまっては、興味を持たずにはいられない!でも、所詮「出会い系サイト」。よい先入観はひとつもない。

でも、女社長との食事の場での話の流れで、「婚活サイト」をなんとなく始めることになってしまった。

「やってみてうまく行ったらラッキー!もしうまくいかなかったとしても企画にしてしまおう!!」そんな編集魂も少し絡んでいた。

1 2