コラム 【婚活サバイバル】アラフォー婚活女の疑問、「婚活」って恥ずかしいこと!?~その1~

私、清葉アキ子は現在43歳、絶賛婚活中。見た目はキレイなお姉さん系、都内出身、四年制大学を卒業後、編集兼ライターの仕事をしています。38歳から始めた婚活で体験したこと、わかってきたことを堅実女子の皆さんにお伝えできればと思い、ここで紹介します。婚活は、まさしくサバイバルなのです……。

これまでのサバイバルマップはコチラ

婚活を公言する必要性

 結婚のプロたちの多くは、「『婚活しています!』って周りに公言しておいたほうがいい。きっと、みんな協力してくれるわよ!!」と言う。だから私も、結婚相談所に入会をした直後から「本気で婚活しています!!」と声を大にして言うようにした。実際、少しではあるけれど、いろんな方から「知人にこういう人がいるんですけど、会ってみない?」と声をかけていただく機会が増えた。言霊信仰を完全支持するわけではないが、声に出すことで夢を現実にする力が少しは働くことも期待している。

だが、それ以上に「私、婚活しています!」と公言しなくてはならない理由がある。それは、「あの人は『結婚できないんじゃなく、しないんです』の主義なのかも……」とひそかに思われないための布石である。そんなポリシーはむしろまったくない!ここ、ちゃんとアピールしておかないと、結婚できない寂しい女、イタい女、という称号を勝手に与えられてしまうから。

実際、35歳を超えたあたりから、ひと回り以上歳下の後輩や部下たちが、私に対して結婚や恋愛の話をするのを避け始めた。40代になってからは、「私はアキ子さんのように仕事1本で生きていく気はありませんので……」「私、仕事だけの人生なんて嫌なんです。ちゃんと結婚して普通に家庭作りたいんです」と悪びれもなく言ってくるようになった。もっと悪意のある一部の人には、影で、「仕事に人生を捧げたアキ子さんと同じレベルを求められても困るよねぇ~」「アキ子さんは結婚していないから、仕事に打ち込むしかないんでしょ……可哀そう」……などと嘲笑を交えて揶揄されていたのも知ってる。

大好きな仕事を無我夢中でこなして得た知識を見返りも期待せず後輩や部下に伝授しているにもかかわらず、この言われようったら!なんなの!?

でも、ムキになって「結婚できないんじゃありません!」と叫ぶのは負け惜しみのように聞こえ、ますますイタい女と思われそうなので、「私、婚活しています!」と言って回ることにしたのだ。結婚しようとしている……つまり、結婚しない人生だから寂しく仕事をしているわけではない!決して幸せな人生を諦めたのではない!まだ女として終わったと思っていない! そういう主張を含んでいる。

1 2