コラム 【婚活サバイバル】アラフォー婚活女の苦悩、出会いとは知らない人と会うことだけど~その1~

私、清葉アキ子は現在43歳、絶賛婚活中。見た目はキレイなお姉さん系、都内出身、四年制大学を卒業後、編集兼ライターの仕事をしています。38歳から始めた婚活で体験したこと、わかってきたことを堅実女子の皆さんにお伝えできればと思い、ここで紹介します。婚活は、まさしくサバイバルなのです……。

これまでのサバイバルマップはコチラ

王子様は簡単には現れない

昔から「こういう男性が好き!!」という絶対的な条件がないため、男性にビビビッとくることが皆無に近い私、清葉アキ子。

でも本音を言うと、ちょっと地味めなインテリ系イケメンが大好物!土日休みで転勤がなくて、外国語が話せるとか理系とか自分が苦手な分野に秀でていて、言葉に出さなくても気持ちを汲んでくれて、楽しいことを考えるのが好きで、軽いアウトドア志向で、俯瞰でものを見て理論的に物事を判断する能力があって、ときどきわがままを聞いてくれる包容力があり、私が間違っているときには優しく叱ってくれる。自分の仕事に誇りをもっていて、会話がスムーズにでき、くだらない嘘をつかず、下品でもバカでもない……と結婚相手への希望条件をあれこれ羅列し始めたらきりがないが、理想にぴったりとあてはまる人が、おそらく現状、フリーでいるはずもなく……

「絶対にこういう人じゃないと!」という理想の人物像を描いていると、出会う人をその理想に当て込めない部分の減点方式で判断していくことになり、間口は狭まる一方!その狭い間口から1人でも入ってくる王子様がいれば万々歳なのだが、それはいるかいないかもわからないし、運よくいたとしても、いつになるかもわからない。そういうこともあり、私自身は婚活で出会う男性においては、絶対的にNGな部分をクリアしていれば基本的にやり取りや面会をするようにしている。それ以外の判断基準はたったひとつ。「この人と自分ならどういう人生になるだろう」……これだけ!! 

婚活サイトで会ってみる

婚活サイトでいえば、容姿の好みは生理的に受け付けない限りはありにするとして、まず第一の判断材料はスペックや自己PR文。そこを入り口として「ありかも?」と思った人とは第二段階としてメッセージの交換を重ねることになり、そこから見える情報が判断材料となる。さらに会って話してみれば、よりイメージが湧いて判断しやすくなる。

某婚活サイトを使い始めて間もなく1年になろうとしているが、この婚活サイトを通じ1年間でメッセージをやりとりした男性は120人を超えた(マッチング後の挨拶のみなど、続かなかった人は除く)。その中で実際に面会したのは42人。

スペックはありで、話してみるといいかもなのに、会ってみたらあーぁ……”というのは何度も体験した。

もともと人見知りで知らない人と会ったり話したりするのが苦手なうえ、婚活サイトに嫌悪感を抱いていたため、サイトを始めた当初は、「絶対に会いたい!」「一度会ってみたい!!」と思うまでは会うまいと思っていた。しかも数か月間メッセージをちゃんとやりとりしてからというのが前提で。

1 2