コラム 【婚活サバイバル】アラフォー婚活女が分析する、婚活サイトに多く見られる男性。モテない男、自信のない男…に続くタイプは?~その1~

私、清葉アキ子は現在43歳、絶賛婚活中。見た目はキレイなお姉さん系、都内出身、四年制大学を卒業後、編集兼ライターの仕事をしています。38歳から始めた婚活で体験したこと、わかってきたことを堅実女子の皆さんにお伝えできればと思い、ここで紹介します。婚活は、まさしくサバイバルなのです……。

これまでのサバイバルマップはコチラ

婚活サイトでの婚活をすすめていくなかで、多くの男性とメッセージを重ねてきた。約1年で30代後半から50代前半の男性40人以上と会って話をしてきたが、彼らをざっと分類してみたら、5つに分けられた。

タイプ1は「モテない男」。外見はともかく、コミュニケーション下手、女性と付き合い慣れしていない……など、その名の通りのタイプ。

タイプ2は「自信がない男」。タイプ1とほとんど同じ「モテない男」とほとんど同じだが、誘えない”“決められないというのが特徴。優柔不断のビビり屋タイプ。「モテない男」「自信がない男」編はコチラ

さて、残りの3タイプは? 

タイプ3は「自信家な男」

年収が高い男や経営者、顔のいい男に多いのがこのタイプ。中には、「この人、何にそんなにも自信を持ってるんだ!?」って人もいるけれど……(笑)。 

「いいね!」の数で「自分がまだまだいける!」という自信を取り戻すためにやっている男が結構な数いる。もちろん、ここでいい人に出会えたらラッキーとは思っているが、そもそもここにいる女性にさほど期待をしていない。

私が会った人でこのタイプは、「俺、20代からもいいね!が結構くるんだよね」「300いいね!とか来てもいい女なんて全然いないよ」という自慢をしてくる。一応サイトでマッチングして会った私にも、「100人以上会ったけど、俺に見合う女なんてこのサイトにはいない」とか「ここにいる女はたいしたことない」とか言う。全員に共通しているのが、自分に自信があり、自分が女性を選べる立場と思っている点。そして、サイトにいる女性はみなスペック重視なので自分にいいね!を押してくるのは当たり前と思っている。

だから、中にはマッチングしても返事すら送らない人もいるし、マッチング後のメッセージが適当だったりする。たぶん、いいね!の数だけで飽き足らず、マッチング数も数えているんだろうな。

48歳港区男子の喜び組

マッチングして会うことになった48歳のイケメン経営者が、会話の中で何度も「モテたい」という言葉を連発していた。昔イケメンと言われた時代を一生続けたいのだろう。サイトを2年もやっているが、毎週のようにだれかと会っているようだが、ほとんどの人とは会うのは1回限り。モテたいから筋トレもしているし、食事制限もしている。カッコいい外車に乗っているし、港区に住んでいる……と言う。

彼とは友人となってしまったが、とにかくナルシスト!「本当は結婚したいんじゃないですよね?」と聞くと「寂しい老後や孤独死は嫌だ」と言うが、結婚したいのかは疑問。ここまで自分に自信があるから、ちょっとでも理想にそぐわない女性とは付き合うつもりもなさそうだ。いいね!をくれた女性の中から嫌ではないタイプの人にはメッセージを送り、害がない女性とはのらりくらりとメッセージを続け、暇ができたらたまに会っているようだ。彼女たちはちょっと思わせぶりなメッセージが来るのでマメに返すようだが、彼にとっては自分をちやほやしてくれる、まるで喜び組のようなものだ。ちなみに彼、「60歳になったらこういうナンパしよう!」って、ずっと自分はモテ続けている前提で話をしていた。

「モテている」ということが、男としてのプライドを保ち続けているんだろう。そのプライドが、いろいろなものを手に入れた彼らの、最後に手に入れたい支えなのかもしれない。

1 2 3