コラム 【婚活サバイバル】アラフォー婚活女、「結婚したくなる女」について考える~その1~

私、清葉アキ子は現在43歳、絶賛婚活中。見た目はキレイなお姉さん系、都内出身、四年制大学を卒業後、編集兼ライターの仕事をしています。38歳から始めた婚活で体験したこと、わかってきたことを堅実女子の皆さんにお伝えできればと思い、ここで紹介します。婚活は、まさしくサバイバルなのです……。

これまでのサバイバルマップはコチラ

「結婚したくなる女」はルックスじゃない

78年前になるだろうか。「婚活殺人事件」なるものが、連日、世間を騒がせていた。この事件、当時30代後半の女性と関わりがあった男性が、6か月の間に次々と不審な死を遂げた連続不審死事件だ。彼女が起訴されたのは3つの不審死についてだが、それ以外にも疑いを持たれている不審死や総額1億円以上ともいわれる詐欺容疑もある。連続殺人という事件の大きさ以上に世の中を賑わせたのは、平成の毒婦なる彼女が、お世辞にも美しいとは言えない容姿であるのに、数々の男性が次々と骨抜きにされて犠牲となった、という不可解さにあっただろう。「ターゲットの男性は婚活サイトで見つけていた」という彼女の証言もあり、当時、ブームとして最高潮だった「婚活」というネタと合わさって下世話で面白おかしい事件に仕立て上げられたように思う。

この事件で逮捕された女性と私はほぼ同世代。当時の私は、「そろそろ結婚しないと……」と漠然と思いながらも、まだ婚活というものに本気になっておらず、「そのうち……」「来年になっても結婚したい人が見つからなかったら……」と悠長に構えて、日々迫る仕事に振り回され、それをリア充と思って日々楽しく過ごしていた。

折しもこの時期は、女子会全盛期。集るたびに、どの世代の女性も、この「婚活殺人事件」の容疑者の女性の話でもちきりだった。

「あんな女性でも貢いでくれる男の人がいるなんて!世の中にはいろんな人がいるもんだね(笑)」

「まさか彼女が結婚詐欺をするなんて、誰も思わないわよねー!あの風貌でよくやるわ~(笑)」

「あんな不細工な女でも結婚したいと言う人がいっぱいいるんだから、私たちは大丈夫!」

多くの女性はそう言っていたが、私はあの事件を全然違うようにとらえていた。

聞けば彼女、モテについては若いうちからかなり研究をしていたというではないか!父親は行政書士で、子どものころからピアノを習っていた育ちのよさもあり、顔や体型はそう変えられないにしても、髪型やメイク、ファッションは華やかで女性らしくしていたようだ。有名料理教室に通ったというほど料理上手で、料理ブログも開設。毎日のように凝った料理を交際相手に振舞っていたという話は有名だ。さらに、とてもキレイ好きで、いつもコロコロをかけているほどだったとか……

まさに絵にかいたような良妻賢母!彼女こそ、結婚したい女性としての素質を備えているのではないか?週刊誌やワイドショーでは、エッチのテクニックもすごいと下世話な話も多く報じられたが、それも兼ね備えていたとするならば、まさに料理上手の床上手という理想の妻である。

つまり、「料理が上手」だとか、「キレイ好き」だとか、「尽くしてくれる」だとか、「心地よくさせてくれる」だとか、良妻賢母的な女性らしさは、見た目を超えるほど重要な要素なのではないだろうか?私は彼女を知るほど、そう思ったのだ。(それは大ウソつきの詐欺&殺人鬼?という中身を見逃してしまうほど!!そういうことでしょ?)

1 2