コラム 【婚活サバイバル】アラフォー婚活女、「結婚したくなる女」について考える~その2~

清葉アキ子、現在43歳婚活中。男性が「結婚したくなる女」は家庭的?それともビジュアル重視?~その1~はコチラ

☆☆☆

若いうちは「見た目」重視

「結婚するなら、料理上手で床上手」とか、「美人は3日で飽きるから、結婚するなら容姿より家庭的かどうか」とかいわれているが、男性の本音は!? 

10代から30歳くらいまでの女性誌でモテや婚活、結婚の特集を作ってきたが、そのたびに、男性たちの本音を聞き出してきた。

30代前半までの男のコが彼女候補に求めることは、連れて歩きたくなる見た目。自分好みの女のコがいいけれど、周りに自慢したくなるレベルなら好みとは多少違ってもOK!だから女のコは、どんな好みの男のコからも好かれるよう、目も惹くくらい目立つレベルのおしゃれ&可愛い見た目を目指してがんばるのだ。ダイエットやスキンケア、メイクやヘアアレンジ、ファッション……見た目基準をクリアした女のコから大人の女の色っぽさをちらりと見せつけられれば、もう、ノックアウト間違いなし! 「一緒にいて楽しい」「話が合う」……こういうことは付き合ってからの話。モテには全然重要ではないのだ。

しかし、これが結婚を意識し始めたアラサーから30代半ばの男性となると、全く違う目線になる。個々の女性の好みがハッキリと分かれてくるので、自慢したい見た目よりも自分好みの見た目であることが優先事項となる。もちろん自慢できる見た目なら言うことはない。ただ、大人の男性にとって女性の見た目は入り口ではあって重要事項ではない。だから、着飾った見た目や小賢しいモテテクなど、ハッタリは、数々の恋愛ストーリーを紡いできた彼らには効果を発揮しないのだ(恋愛経験の少ない男性なら、うっかり騙される可能性もあるかもしれないが……)。

特に仕事が乘ってきた世代の男性にとって、恋愛は面倒なものであってほしくないというのが本音。だから彼女というのは、安定感のある疲れない関係性で、一緒にいる時間が癒しの時間でなくてはいけない。気楽に楽しくすごせる相手と認定して初めて、ようやく結婚に繋がる奥さん候補に昇格させるのだ。奥さん候補になったら、「話が合う」「居心地がいい」という気楽さに加え、「一緒にいると人生を快適に過ごせる」というメリットも求めるようになる。つまり、これが、いわゆる家庭的(料理に掃除に洗濯などができる)というやつだ。

1 2