コラム 【婚活サバイバル】アラフォー婚活女、「結婚したくなる女」について考える~その2~

バツイチは“家庭的”を重視する

さらに、離婚歴がある男性になると、この家庭的がものすごく重視される。前妻が家庭的でなかった場合は、次の妻が家庭的であることを強く求める傾向にあるし、逆に前妻が家庭的であった場合は、次も同じレベルで家庭的であることが妻として当たり前のように求められる。長年連れ添った奥様が家を出られたリ亡くなったりした男性の多くは、「家事が何もできないので、やってくれる人がいるとありがたい」とすら言う。

「無理に家庭に入らなくてもいいよ」「仕事はむしろしてほしい」と言う男性が増えてはいるし、「料理が得意」「キレイ好き」という男性も多いが、やっぱり女性に家庭的を求めている人がとにかく多いのは確か!

料理上手は婚活市場では武器になる

婚活において、「料理好き」というのは特に引きが強いという。婚活サイトでも結婚相談所でも、女性のプロフィール欄に「趣味:料理」と書いてあるだけで会える率が格段に上がるそうだ。

私は「料理が得意」とはおこがましくて言えないが、「自炊派で、たとえばこういう料理を作っています」とプロフィールに書いている。そうすると、多くの男性が、まだ連絡も取り合ってすぐなのに、「アキ子さんの料理が食べてみたいな」「アキ子さんの料理はいつ食べられるのかな」と言ってくる。やっぱり「料理」は奥さん候補の重要な要素なんだな……

あまりにもしつこく言うとある男性がいて、ただ、知り合って間もないので家に上げるのはちょっと躊躇したこともあり、アウトドアのデートに簡単な手作り弁当を持って行ったことがあった。あえて、豪勢に作っていかず、家にあったものでちゃちゃっと作りましたけど……という感じのものの寄せ集めのようなものばかり。それなのに、相手は「こういうなじみのあるおかずが、ちゃちゃっと作れるなんて!」と大興奮!彼はそのお弁当に胃袋をつかまれたのか、その日からグイグイと押してくるようになった。

女性も男性も、30代にもなると「表面だけではごまかしがきかなくなる」とか、「どう生きてきたかが表面にあらわれる」とかいうが、本当にそう!大人の婚活女子なら、今まで積み重ねて鍛えてきた女子力を少しでも底上げしていくしかない!! 

 “家庭的で居心地のいい女を目指して、清葉アキ子は、クックパッド先生をチェックしながら、日々精進中です。

料理はできないより、できた方が絶対いい!胃袋を落とす、と言うのは確かにある戦術。

1 2

プロフィール

清葉 アキ子

1974年生まれ。大学卒業後、出版社に勤務。その後、独立して、ファッション誌の編集ライターに。子どものころから占いをすれば必ず26歳で結婚!と出ていたので何も考えず26歳まで生きていたけれど何も起きず、誤差もあるだろうと28歳くらいまで悠長に暮らしていたが、誤差ではないとようやく自覚。大好きな仕事で充実した毎日を過ごしているものの、仕事が大好きすぎて彼より仕事を選んでしまうことが恋愛敗北者になる原因のひとつ。仕事で数多くの恋愛企画、婚活企画を担当していることで、知識だけは豊富になる一方。基本的に真面目で考えすぎる傾向にあり、ノリや雰囲気にのまれにくいタイプ。