コラム 【婚活サバイバル】アラフォー婚活女も辛い、親からの結婚プレッシャー~その1~

私、清葉アキ子は現在43歳、絶賛婚活中。見た目はキレイなお姉さん系、都内出身、四年制大学を卒業後、編集兼ライターの仕事をしています。38歳から始めた婚活で体験したこと、わかってきたことを堅実女子の皆さんにお伝えできればと思い、ここで紹介します。婚活は、まさしくサバイバルなのです……。

これまでのサバイバルマップはコチラ

母世代の結婚観

30歳をすぎたあたりから、実家に帰るたびに母が「結婚もしないで……」と言ってくるようになった。東北の大家族で育った団塊の世代の両親は、女性は遅くても25歳までに結婚するのがあたり前だと思っていたようだ。現に、母は25歳で結婚し、それを遅かったと思っている。

そもそも私は、子どものころから「料理ができなきゃ結婚できない」「片づけができなきゃ結婚できない」……そう両親に言われながら、「勉強よりお母さんの手伝いをしなさい」と家事を教え込まれていた。料理ができ上がってすでにならべられた食卓に座って食べるだけということはなかったし、食事のあとは食器を下げて洗うところまでやるのがあたり前だった。テレビを見ているときには洗濯ものをたたみ、休日はトイレやお風呂の掃除を任され、自分の上履きや運動靴などは自分で洗うよう言われていた。

母は主婦の鏡のような人で、朝起きたらすでにメイクと着替えが済んだ状態でキッチンに立っていて、小学校から帰ると手作りのおやつができ上っていた(たまには一緒に作ることもあったけど)。家はいつもピカピカに磨かれていて、私が知る限り、当時私が遊びに行っていた友人や親せきの家で、我が家より片づけられていてキレイな家は1軒もなかった。そんな家だから、私がリビングにちょっとなにかを置き忘れただけですぐに捨てられてしまうなんてことは、本当によくあった。

大学に行きたいと言ったときも、「女は勉強なんかより必要なことがいっぱいあるから行かなくていい」と言われたし、「出版社に就職する」と言ったときも、「女がそんな忙しい仕事をする必要ない」と言われた。

こんな両親だから、就職したころは実家から仕事に通っていたのだが、深夜帰りや始発出勤、休日のたびに遊びに行く私を見て「そんな生活しているから、いつまでたっても結婚できない」「そんなに洋服ばかり買って、お金遣いが荒いと結婚できない」と日々日々言われ続けた。「うるさいなぁ!」「仕事なんだからしょうがないじゃん」と言い合いしていたが、あまりにも面倒なので家を出ることにした。家を出て1人暮らしするときも、「結婚するわけでもないのに家を出るなんて……」と言われたが、そこは無視した。

1 2