【婚活サバイバル】アラフォー婚活女も譲れない、価値観の違い~その1~

【婚活サバイバル】アラフォー婚活女も譲れない、価値観の違い~その1~

私、清葉アキ子は現在43歳、絶賛婚活中。見た目はキレイなお姉さん系、都内出身、四年制大学を卒業後、編集兼ライターの仕事をしています。38歳から始めた婚活で体験したこと、わかってきたことを堅実女子の皆さんにお伝えできればと思い、ここで紹介します。婚活は、まさしくサバイバルなのです……。

これまでのサバイバルマップはコチラ

「価値観の違い」って?

ワイドショーを見ていると、有名人が離婚の理由に「価値観が違った」ってよく言うけれど、30代前半までは、それがいまいちわからなくて、単なる言い訳だと思っていた。

新入社員のとき、とある女性の先輩が24歳で結婚が決まり、寿退社をすると言って引継ぎをしていたのだが、結婚&寿退社の2か月前になって婚約解消をし、寿退社を取りやめた。その理由も「価値観の違い」だという。若かった当時の私は、やっぱりその感覚が全然わからなくていたが、彼女が「付き合っているときはなんとも思わなかったんだけど、新居に一緒に住み始めたら1つの家庭にお財布が2つあることがいろいろ問題になって……」と言っていたので、価値観=金銭感覚なのだと、なんとなく理解した。

そもそも、生きてきた環境が違うし、価値観なんて違うものじゃないの?一緒に生活するようになったら、合わせていくしかないでしょ? 

漠然とそう思いながら、「価値観の違い」という言葉は、私の中では、男女どちらも悪者にならないための言い訳ワードとして、長年君臨していた。

金銭感覚が違っても付き合えた日々

30歳くらいまでは、お付き合いしている相手がお金を持ってるとか持っていないとか、ほとんど気にしたことがなかったし、お付き合いする人によってデートの仕方も全然違うので、毎度、それぞれのデートや考えかたを楽しんでいた。

大学生のころ、1つ年上の一人暮らしのマンションを買い与えられた裕福な家庭の息子とお付き合いをしていたが、所詮大学生。出入りする店も、ほしいと思うものも、週6でバイトをしている私とほとんど変わらなかったし、お互いに相手がいいと思うものをいいと思っていた。

社会人になって、高級車を所有していた大手商社のエリートサラリーマンとお付き合いしていたときも、ちょっとステキなお店でいつも食事をしていたけれど、それに対して違和感を感じたことがなかった。

10歳くらい年上の一流メーカーの部長クラスの人と付き合っていたときは、ほとんど彼がデートの費用を持ってくれたが、もし割り勘になっても高い!と思うほどのところに行くことは一度もなかったので、やっぱり違和感を感じなかった。

1 2
貧困女子 アプリ 恋愛運 恋愛講座 美人探偵 派遣 アラサー 不倫 iPhone 占い 結婚 浮気事件簿 派遣女子 婚活 金運 アラフォー セカンド 時短 恋愛 運勢
賢人人気ランキング
人気記事ランキング
Specialコンテンツ
Information
シャアしてね!